緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


猛雪

  1. 2011/02/15(火) 18:33:00..
  2. 展示鑑賞
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
久々の吉田良の新作!!という事で、昨日、パラボリカ・ビスへ。
お会いするのも久しぶり。
オープニングパーティで歓談するが、雨は次第に霙、湿った雪に変わって行く。
其の段で車で来ていた吉田氏は帰宅の途へ、私と、黒戸、氷住の3人もパラボリカを出た。雪が酷くなりそうなので、其の侭駅へ直行、電車に乗る。
我が家の最寄り駅は2つ、此れがどちらも同程度の距離で、平常時徒歩25分、K駅はバス便が少ないが、タクシーは充実、T駅はバス便が多い代わりにタクシーが殆どいない。
22時ちょいだったので、未だバス便があるだろうとT駅で電車を降りる。
と、都心より1~2度は気温の低い地域、雪はどっさり。
バスを見ると、うっそ~~ん、最終がもう終わってる!
しまった!K駅で降りれば良かった!タクシー乗り場にならんでも一向に来る気配がない。タクシー会社には電話してみるが、此の雪で大忙しらしく、なかなか繋がらない。やっと繋がって、駅なら今、順次向かっているから待つ様に、と云われるが、それでも来る気配がない。
やっと来た1台に先に待っていた1人が方向が一緒の人、相乗りしましょう、と声をかけ、2人で乗って出発。
其処からまた全くタクシーの来る気配がなく、近い人達が列から少しずつ抜け、遂に私とおじさまの2人に。方向を確認し、次に来たら、相乗りしようと思っていたが、全く来ない。じーっと待っているだけではどんどん凍えて行く。
徒歩25分は近い距離ではないが、歩けない事もないだろう、とおじさまに挨拶してタクシーの列を抜け、歩き始めた。
北海道出身とはいえ、靴もコートも雪仕様ではないので、ズボズボ歩くのは思ったよりもずっと困難。平常時の様にすたすた歩ける訳ではなくて、幹線道路に出ようにもなかなか出られない。
遠い!あまりにも遠い!!辺りは真っ白、遭難しそう。
と、通り過ぎるタクシー1台、ああ、待っているべきだったのか?
更に歩くともう1台、タクシーが。ああ、待ってれば良かった、と思うと、軽くクラクションを鳴らしてタクシーが停車した。
乗っていたのはさっき一緒に並んでいたおじさまで、あった。
拾ってくれたのだ。凍えながら感謝、感謝。
おじさまの方が目的地が遠かったので、手前で降ろして貰い、お支払いを申し出ると、おじさまは、いいんだ、いいんだ、と其の侭行ってしまった。
なんてカッコ良いの!
重くて湿った雪を払い、びしょ濡れで、(北海道の雪は其の寒さの所為で粉雪、払えばぱっと舞うカンジでこんなにびしょ濡れになったりはしない)玄関に上がり、身仕舞すると、もう23時半近い。
1時間以上、タクシーを待ってたのね。
K駅で降りていたら、もっとさっさとタクシーに乗れたのかしら。
まさか帰り着くのに此れ程苦労するとは夢にも思っていなかったが、身体の凍えっぷりに反して暖かい思いもさせて貰ったので良しとしよう。
スポンサーサイト


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
<<地震、そして其の後 .. BLOG TOP .. シナモン、風呂に落ちる>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback