緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


動物のお医者さん

  1. 2006/04/09(日) 13:22:00..
  2. .. トラックバック:0
  3. .. コメント:0
ココアは拾ってきた時から風邪を引いている様子でくしゃみ鼻水、鼻づまり、目脂も出ている。
お耳は真っ黒、耳ダニかも・・・・・。
みるくもそろそろワクチンの季節。
で、2匹揃って動物病院へ。

先ずはみるくのワクチン。
全体に触診、お口あ~んにお尻に体温計。
一通り健康診断が終わってからさて、ワクチン。
じたばた暴れはしないが、ひっそり抵抗している。
さて、ワクチンが終わると、何かぽたぽた滴っている。
なにごと??
見るとなんと涎たらたら。
なんだなんだ、何が起こったの~~?
先生も吃驚しながら、「緊張すると涎垂らす子っていますよ~。前に一匹見たことあります。もしお家に帰っても涎が垂れている様なら、又連れて来て下さい。」
いやあ、あれだけ大量の涎たらす猫って初めて見た。
そういえば、前に病院に連れてきた時も、飛行機に乗せた時も口元が濡れてたけどこんなに大量じゃなかった。ああ、驚いた。

次はココア、風邪には抗生剤の目薬と飲み薬、大暴れするのを押さえつけ、耳は綿棒で掻いて、顕微鏡検査、「やっぱり耳ダニいます~。」
で、耳の洗浄。
これは通院が必要。
直すのには結構根気が要る。
こちらの根気ももちろんだが、医者は兎も角、助手の女の子の手が傷だらけ。
此れも根性の要るシゴト。
漫画の「動物のお医者さん」で、登場人物が云った科白を思い出す。
「人間の医者は良いよなあ、患者が飛び掛ってこないもん」
患畜に傷だらけにされて、傷の手当をしながらの科白である。
動物のお医者さん、動物はビビるが、アンタを直そうとしてくれてるのよ。
ちっとは感謝したらどう?
なんつっても無駄なのは医者も助手も飼い主もわかりきっている。
動物はビビる怒る嫌がる、そして、飼い主が感謝するのである。
スポンサーサイト


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
<<感染 .. BLOG TOP .. みるくココア>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback