FC2ブログ

緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


双生児の撮影

  1. 2019/11/03(日) 10:00:00..
  2. 撮影
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
双生児の修理は色合わせに苦労したけど、出来上がった。
組み上げて、ちびすんたちの仕上げにかかって放置。
天気のわりと良い日、撮影に臨んだ。

CRW_2784s-s.jpg

此の前に撮影した分はピンが悪くて全部ボツ。
暗かった所為もあったと思う。
で、天気の良い日を待った。

CRW_2796ss.jpg

椎名さん作の下着。
此れはよくこんなの縫えたなと云う素晴らしい出来。
こんなパターン、自分じゃ無理だった。
そして裏も綺麗、な出来の良さ。
此れで自分も頑張ったんだよね。

CRW_2828ss.jpg

で、頑張った衣装。
立ち姿も撮影したけど足が2対あるから、立つとお腹のヴォリューム半端ないのよ。
衣装つけたら座ってる方が落ち着く感ある。
仕上げ前の仮組みの時、自立したんだよね。
此のプロポーションじゃ無理だろと思ったけど立った。
今は靴履いてるし衣装の重みもかかるから、自立はかなり難しいだろうな。
背中をつければ立つけどね。

一寸ネットに乗せて良いか迷うのも撮った。
楽しかったよ。

結合型双生児は様々な結合があって、腰が結合していて手も足も胸も貌も別々の双子もいれば、頭が結合している双子もいるし、腰と脚が結合していて脚は3本という双子もいたように思う。
内臓も別々だったり共有してたり、切り離すのは容易ではない様だ。

IMG_20190227_132653s.jpg

此の写真はヴィクトリアンの子供の写真集に載っていた少女。
腹部か股間より少し上か、着衣ではわからないが、双子の脚が結合している。
此の脚は動かせるのだろうか?
動かせるとしたら、誰の意志で?
何処迄共有しているのか考えながら創った。
ふたり分の眼の色を持つ此の子にはふたり分の意識があるのかもしれない。
mark2.png

思ったより早く修理も済み、撮影もしたから銀座人形館の展示に間に合う。
たれめすん、タイトル「雫」も一緒に行く。
まあ、冬の展示に白い綿とレースの衣装・・・は勘弁して頂く。

スポンサーサイト





宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
<<放置しました .. BLOG TOP .. 沙羅の思い出>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback