FC2ブログ

緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


もふもふ祭り終了

  1. 2019/05/25(土) 14:42:04..
  2. 人形制作(衣装)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:2


身頃も縫った。
鼻の刺繍は針2本折った。
ポキッと!
針って曲がってしまった事はあっても、あんな風に頭だけ折れちゃうのって初めて!
まあなんとか鼻の刺繍も終え、牙も付けたよ。

IMG_20190524_165741_resized_20190525_103922310s.jpg

さて、次は目だ!
前回の教室の時、銀鈴屋さんに樹脂レンズを造って貰った。
感謝、感謝である。
此れに目を描いて、裏に包み釦のパーツを接着して縫い付けた。
なんか丸い目は猫っぽくないので、目頭を刺繍してみた。

IMG_20190525_011045_resized_20190525_103924160-2s.jpg

目は少し小さい様な気がしたけど、こいつの貌を見慣れてる所為かもね。

IMG_20190422_171930_resized_20190422_100612808s.jpg

尻尾はアルミの針金を入れてみた。
くねっと出来るよ。
着包みだから、根元は布なので尻尾ぴーんは出来ないけどね。

IMG_20190525_011731_resized_20190525_103924485s.jpg

最後に靴下縫って、肉球も付けたよ。
ウサギの着包みと並んで記念撮影。

IMG_20190525_094833_resized_20190525_103924817-2s.jpg

狐さんとも仲良しなんだよ。
生地手に入らないので熊はパス。
猫で黄色のレーヨンディストレス、染めて上手く行ったから、手に入るウサギのキットを染めれば多分熊も出来る。
でも、もうもふもふ縫うのも疲れちゃった。
普通に布を縫うのと違ってもふクズ結構出るしね〜〜〜。
妄想では手に入り易そうでレーヨンディストレスよりは縫い易そうな薄茶の天鵞絨で頭周りに毛足の長いボア付けてライオン、とかもイメージ湧いてたんだけどね。
琥珀も養女(?)に出ちゃったし、次創らんとなあ。

あ!あと、猫にはヒゲが要る。
猫のヒゲは落ちてるの見つける度に貯めてあったから、後でヒゲも付けちゃおう。


閑話休題。
この間Twitterで人形が売れるのを嫁ぐ、と云うのが批判されてた。
非常にわかるの。其れ。
女偏に家とかヤな漢字だし。
家制度や男尊女卑を連想させる、というのもわかる。
ただ、じゃあどう表現すれば良いか?って云うと、わからんのよ。
売れる、とか一寸ナマナマしい気がするし。
今、養女と表現してみたけど其れもどうなんだか。
愛情による養女養子もあるけれど、家制度の継承という側面もあるしね。
良い表現が思い浮かばない。
私としては、嫁入りは狐の嫁入りを連想する。
天気雨や精霊、ファンタジーな感じ。
人間の嫁入りは生臭いけど、人形だからなあ。
ファンタジーで良い気もするけど、やっぱりヒトのカタチだからなあ。

誰か素敵な表現があったら教えて下さい。

スポンサーサイト





宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
<<双生児の衣装、受け取りあれこれ .. BLOG TOP .. 今度は、猫、縫ってます>>

comment

  1. 2019/05/26(日) 00:42:21 ..
  2. URL ..
  3. sara
  4. [ 編集 ]
こんばんは、猫ちゃんきぐるみ可愛いです。お目目がいたずらっこのようで好きです。毛並みも優しい雰囲気が素敵です。うさぎに猫というとなんだかアリスの世界を連想します。愛らしい姿拝見できて楽しいかったです。
また、次回作楽しみにしております。
ドールに関する表現、難しいですね。あまり考えたことありませんでした。自分が購入すること=お迎え、作家様の下から離れること=お嫁入りとは言ってましたね。
普通にドールの世界に入ったときに目にして使っておりました。嫁入りって古いかもしれないですね。男子ドールは婿入りといったりもしてます。
ドールが生まれて、作家様の手から離れること。
旅立ち、巣立ちなんて言葉が浮かびますが、どうですか?私たち受け入れ側はやはりお迎えですかね。我が家の子になったなんて思いますから。でも、長く人と人の間を渡っていくことになる場合もドールにはありますから、ドールからしたら仮の宿みたいなものかもしれません。少し語ってしまいました。
すみません。

  1. 2019/05/26(日) 10:26:53 ..
  2. URL ..
  3. 緋衣汝香優理
  4. [ 編集 ]
そうですね〜〜。
レス、有り難うございます。

昨夜、新しい子を創るのに、どんなイメージで創ってどんな人形になったっけ、と自分でブログを遡って見ていたら、以前の文章では旅立つと表現していました。
どうして嫁ぐに変化したのか思い出せませんが…、多分、天気雨でも見たんでしょうね。(笑)
今でも天気雨の時の、陽にキラキラ光る雨粒を見ると、狐の嫁入りだあ、と小さな狐の花嫁行列を草陰や其処らに探してしまうところがあります。

まあファンタジーですね。
旅立つに戻します。(笑)
お返事有り難うございました。

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback