緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


本日は銀座へ

  1. 2007/02/02(金) 22:36:00..
  2. 展示鑑賞
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
本日は銀座へ行き、七戸優展を堪能した。
トレヴァー・ブラウン展はうっかり見逃したが、こちらは見逃すまじと、駆け込んだ。
明日には最終日。
絵画ならではの眩暈のする様な構図が素敵。
嬉しくなる様な浮遊感もイイ♪
特に好きな絵のタイトルは残念ながらうろ覚えで、不正確だといけないので書かない。
今に始まったことじゃないが記憶力が良くない。
最近老いてますます良くない。
ざざ漏れである。
氏の制作した少年人形のヘッドも良かった。
彼の描く少年像そのものが画面からぐぐぐいっと出てきた感じ。
背後の絵には頭部の無い少年像が残ってる、そんなイメージが湧いて来る。
ついつい職業病的に人形への質問ばっかりになってしまって、失礼しちゃったかも?
荒井良氏と、もひとりサーニットの人形作家さんが来て、一瞬人形作家だらけ?だった模様。
七戸氏ともうちっとお話したかったが、彼を目当てにいらっしゃる方目白押しなのに居座っては申し訳ないので、おいとました。

其の足で国司華子展を見て、ついでに同ビルにあるアンティークショップを見、散々ペーパーナイフを試した挙句に店を出てアンティークモールまで足を伸ばす。
ペーパーナイフはひとつアンティークのものを持っているが、頗る使い良い。切れそうに見えて切れないペーパーナイフもあるが、自分の持っているものは切れそうに見えないのに良く切れる。
やっぱりペーパーナイフは良く切れないとね。
犬が鳥を咥えたデザインのものが切れも良く大きさも良かったが、犬はイマイチ。アールヌーボーのものがデザインも良く、切れも良かったが、先が折れているだけでなく一寸曲がっているのが難。もう一本ほしいなと思ってはいるが、一本持っていて用は足りているのでパス。
アンティークモールでは写真立てもほしかったので物色。
気に入ったものがあったのだが、見せて貰うと、硝子がぎちぎちで出て来ない。此れじゃ写真が入りそうもない・・・でパス。
結局購ったのは着物用の無地の縮緬と帯揚げ。
若草色のが欲しかったのだが、古布ではなかなか無い。
ちらりと見える半襟や袂から見える重ねなぞに使いたいので、新しいものを購入。
若竹色と云って良い青味のある緑も捨て難く、購入。
ああ・・・着物って楽しい。
でも財布が辛い。
スポンサーサイト


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
<<またしても発作 .. BLOG TOP .. 骨董ジャンボリー>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback