FC2ブログ

緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


アリスの帰還

  1. 2018/12/19(水) 17:03:46..
  2. 撮影
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:11

「アリスの帰還」

北海道2泊3日の弾丸ツアーで体調を崩した上、厳しい冷え込みですっかりやられてしまった。
雑事も沢山あったし(此れは雑事と云ってはいけないが、伯母の納骨もあった)冷えるしで、やらなければ、やらなければと思っていた事を後回しにしてしまっていた。
其のひとつが「筺の中のアリス」の撮影。
フラーティング和人形の動画撮影は、やっと手伝って貰う事が出来たが、背景が暗かった所為か貌の色が飛び気味で、改めて明るい背景で撮影を手伝って貰わなくては。
そんなこんなで参加するつもりだったコルメさんの「レクイエム」展には何一つ間に合わなかった。
痛恨の極み。

CRW_2057-2s.jpg
「邂逅」

今日こそはアリスの撮影、でも寒い…どうしても駄目ならやめようと思って始めたが、天気に恵まれた所為もあってか撮影に熱が入った。
撮影に夢中になると身体の内側から熱を発する。
此れは撮影が楽しい時に限って起きる現象で、今回どうかなぞ分からぬ儘に撮影に突入したが、すっかり楽しくなってしまい、アリスはお家の中で大暴れした。
片付けたが、外観を撮り忘れたし又イメージが湧いたので、出来ればもう一度撮影したい。
楽しんだからと云って良い写真が撮れたとは限らないけれど。

CRW_2168s.jpg

それにしても寒い。
どうにかならぬものか。
まあ、半分は後遺症の所為。
しゃあないな。

スポンサーサイト


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
<<明けましておめでとうございます .. BLOG TOP .. 白い曼珠沙華のワンピース、出来上がり!>>

comment

はじめまして

  1. 2018/12/19(水) 18:45:47 ..
  2. URL ..
  3. sara
  4. [ 編集 ]
はじめまして、saraと申します。
マリーアントワネットの娘マリーテレーズのドールを探してこちらにたどり着きました。翼を持つ金髪の神秘的なドールさんお顔に一目ぼれしました。
あまりの神々しさに画面に釘付けになりました。
高貴・高潔・神秘的ですべてを見通す美しい瞳と私が想像していたマリーテレーズ王女そのものでした。
幼いころの王女の姿をしていますが、この王者の風格を兼ね備え、麗しすぎる姿は72歳まで生きた彼女の魂の姿に思えます。この子はいまどこにいるのでしょうか?
もっと細部に知りたくブログに載せていただけないでしょうか?初めてなのにあつかましいお願いですみません。ここまで理想に近いドールに初めて出会いましたので興奮しております。失礼をもうしあげてすみません。
ご検討等いただければ幸いです。
また、できたら実際に見る機会があるなら教えてください。

  1. 2018/12/19(水) 19:48:44 ..
  2. URL ..
  3. 緋衣汝
  4. [ 編集 ]
初めまして。
どの人形の事を仰っているのでしょう?
翼をもつ、という表現から
http://kayuli.blog.fc2.com/blog-entry-331.html
此処に乗せている人形かな?と推測しました。
違うようでしたら、其の人形の載っているURLを書いて頂けますとお答え出来ると思います。

  1. 2018/12/19(水) 23:28:25 ..
  2. URL ..
  3. sara
  4. [ 編集 ]
すみません、載せていただいた子でまちがいありません。天使のお人形さんのことです。
よろしくお願いします。

  1. 2018/12/20(木) 00:45:27 ..
  2. URL ..
  3. 緋衣汝
  4. [ 編集 ]
此の子は横浜青葉台のコルメキッサさんにいます。
大きさは44cm位です。
宜しければコルメさんにお問い合わせ下さい。

  1. 2018/12/20(木) 06:18:58 ..
  2. URL ..
  3. sara
  4. [ 編集 ]
お返事ありがとうございます。
都内在住ですので言ってみようと思います。
割りと大きいのですね。
見ごたえありそうで楽しみです。

  1. 2018/12/20(木) 20:15:00 ..
  2. URL ..
  3. sara
  4. [ 編集 ]
コルメさまにご対応頂き、天使のドールに22日に会いに行くことにしました。とても綺麗で神秘的とのことですので、今から楽しみです。
ちなみに緋衣汝香優理さまはマリーテレーズ王女のことごぞんじですか?私の憧れの人なのですが、日本では知名度が低くて残念なのです。

  1. 2018/12/20(木) 21:56:26 ..
  2. URL ..
  3. 緋衣汝
  4. [ 編集 ]
マリー・アントワネットが子をなした事は知ってはいますが(王子も王女もいた様な?)詳しくはありません。
Wikipediaで一寸記事を読んでみました。

  1. 2018/12/21(金) 23:25:46 ..
  2. URL ..
  3. sara
  4. [ 編集 ]
こんばんは。わざわざネット検索頂き嬉しかったです。私はアントワネットより娘マリーテレーズにずっと関心があり彼女の翻訳されている本を読んだりアントワネット関連から探したりして彼女の長くも辛く切ない人生に本当にマリーテレーズが大好きになりました。彼女のことをあまりよく思わない考えがあることは承知していますが、よく知ればきっと彼女の魅力に気がつくと思います。大人になって不美人とも言われますが、実際に肖像画をみましたが、深く深淵とした瞳と凛とした王族の気品に圧倒されました。
明日やっと見に行けるのでとても楽しみです。
あの子はずっとコルメキッサ様にいるのでしょうか?

  1. 2018/12/22(土) 19:11:31 ..
  2. URL ..
  3. 緋衣汝
  4. [ 編集 ]
はい。 コルメさんにお任せするのが一番と考えております。 記事を読んで頂いているならばお分かりとは存じますが、所謂天使の様に腕を持たず、鳥の鉤爪を持つ少女は見る人によっては異形で、貌は可愛いのだけれども・・・と仰る事も方も多い様です。 私は私なりの天使を創ったつもりなので、其の儘を愛して下さる方が現れるのを望んでいます。 コルメさんは此の姿で美しいと仰って下さる方なので、お任せしたいと思っております。

  1. 2018/12/22(土) 19:43:05 ..
  2. URL ..
  3. sara
  4. [ 編集 ]
こんばんは、コルメさまのところで実物を拝見することが出来ました。本当に美しい子でした。瞳がなんとも美しい虹彩をもっていて美しいソラの色にも光る水のようにも見えました。勝手にこのドールからマリーテレーズの昇天の瞬間を想像してしまいました。彼女は王政復興後再度亡命し、二度とフランスの地を踏むことなく当時のウィーン(現在のスロヴェニア)で義父・夫に続きなくなります。「サンルイとルイ16世の娘よ、天に昇れ」
そして、彼女はなくなり波乱に満ちた人生も終わりました。彼女は、最後にすべてを許し、甥姪に母の愛を送ります。彼女はきっとずっと王女であったので心は王女であった幼い少女の姿で、すべてを見通す深い瞳をもった
忘却と赦しの天使となり愛するもの・親しいもの・憎かったものがまつソラへ帰っていたったのですね。
彼女の美しい慈悲深くときに優しくまた厳しさも持った瞳が私にも喜びを与えてくれました。
実物をご好意に甘え恐れ多くも触れさせていただき、写真も取らせて頂き本当に感謝です。
すばらしい作品をみせて頂きありがとうございます。
わざわざコルメさまにもご連絡をいれてくださったと聞き緋衣汝さまのお優しさにも感謝しております。
本当にありがとうございます。
寒い日が続いていきますが、お体に気をつけてすばらしい作品を見せていただけるのを楽しみにしております。

  1. 2018/12/23(日) 11:40:42 ..
  2. URL ..
  3. 緋衣汝
  4. [ 編集 ]
有り難うございました。
年の瀬も押し迫って参りました。
お身体に気をつけてお過ごし下さいませ。

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback