緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


今日は猫ネタ

  1. 2007/02/21(水) 09:47:00..
  2. .. トラックバック:0
  3. .. コメント:0
blog_import_4f672aba31a1e.jpg

blog_import_4f672ab8cd2db.jpg

blog_import_4f672ab74699b.jpg

さて、久々猫ネタ。
あ~~んなにチビちゃかったショコラも、もうみるくと見た目の大きさは変わらない。
見た目を強調したのは何故かというと、みるくは毛が少し長めで、ふわふわしているので、実際より大きく見えるからだ。
つまり、中身はもうショコラの方が大きいって事。
抱き上げると、ウチで一番軽くて細っこいのはみるくなのだ。
ウチに来た当初、背骨が触れるほどにガリガリに痩せこけていたココアは今や一番の巨漢。
お貌はいまだに小さくほっそりとして精悍なのだが、身体は立派なおでぶちゃん。
バランスがよろしくない。
おでぶちゃんな所為なのか、幼い頃の栄養が良くなかった為に脚力がつかなかったのか?この子はジャンプ力があまり無い。
みるくが1段で飛び降りるところをココアは2段で飛び降りる。
ココアはあまり大食漢ではない。
にも拘らず太る。
みるくは血統正しい洋猫で、胸が逞しくお腹がそげた様になっていて、見慣れた雑種と体型が違う。
ショコラは見慣れた体型で、胸からお腹までど~んとしているが、特に太ってはいない。
良く食べるのはみるくとショコラである。
ココアはなぜ太るのか?
所謂燃費の良い身体、という事なのか。
幼い頃捨て猫で、喰うに困っていた所為で燃費の良い身体に体質改善し、拾われて喰うに困らなくなって太ったのでは、というのが私の今のところの見解。
ショコラがウチに来た時はお母さんのおっぱいから未だ離れてない状態だったから、喰うに困ってはいなかった筈で、燃費としては多分普通。
だからココアより食べるのにそれほど太らない。

ココアは大いにネタを提供してくれる。
ウチで物を倒す猫はココアだけである。
お遊びで机等からものを落とすのはショコラでもやる。
でも其れはうっかりでは無いのだ。
あきらかに意識的にやっている、悪戯。
ココアはと云うとコップを倒す、何かを踏む、バランスの悪いところを踏んで雪崩落ちる。
うっかりパターンが実に多い。
(勿論悪戯もしないわけではない。薔薇型の美しい松毬を大切にしていたのだが、片っ端からバラバラにしてしまったのはココア。関節手の指先を噛み噛みして毀して呉れたのもココア。)
仕事場には創りかけの人形のパーツ、工具など等、物が散乱しているが、みるくとショコラは物の散乱している床の隙間を上手に歩く。
踏み場が見当たらない時は上手に跳び越える。
ココアは性格が大雑把で気にしないのかなんなのか、物を踏んで歩く。
石膏とゴムの型がバランス悪く積み重なって行く手を阻んでいるような時、みるくとショコラなら別ルートを探すか跳び越えるかするが、ココアなら踏む。そして雪崩れる。
雪崩れてもへっちゃらだ。
其の話をニシさんにしたら、眼が悪いのでは?と云われた。
もしやと思って観察するが、やっぱり眼が悪いとは思えない。
やはり性格が大雑把、或いはどこか神経が太いか抜けてるか、と云うカンジ。
一度ノートパソコンの傍に置いたコップをココアに倒され、PCを駄目にした。
傍に置くのが悪いとも云えるが、こいつ以外に倒すやつなんて誰もいないもの。
可愛いココちゃん。困ったココちゃん。
窓際からベッドを跳び越えて床に下りたみるくを見、続いて下りて来たココアに腹を踏まれて呻いたのは私である。
私の腹から床に下りていくココアを見ながら起床した。
なかなかハードな目覚めであった。

写真・小さかったショコラ
    寝姿2態
    ねえ、ショコラ、お尻に顔が埋まってるよ
スポンサーサイト


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
<<エンジェルドールズ アニバーサリー 2009 .. BLOG TOP .. またしても発作>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback