FC2ブログ

緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


良いお天気

  1. 2018/10/30(火) 17:44:30..
  2. 撮影
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
CRW_1879s.jpg

撮影前の一コマ。

土曜の夜、伯母が亡くなったと連絡があった。
日曜に従姉妹の家へ行き、月曜に葬儀に出席した。
母と伯母は仲の良い姉妹で、私は旅行やら母の入院やらの度に預けられた。
長い期間の事もあったろう。
従姉妹とは私も仲が良く、伯母をお母さんと呼んだ。
実の母はママと呼ぶ習しだったので呼び分けは出来ていた。

93歳だった。数えでは云うから享年94歳。
施設でさっき迄話したりしていたのが、椅子に座った侭、眠る様に息を引き取ったそうだ。
従姉妹は家で看取るつもりで、車椅子で移動出来る様に家を片付け、介護ベッドを入れる手筈を整えていたから、後何日かでも早ければ家で看取る事が出来たのに、とすこうし残念がっていた。
家に帰りたがっていた、おウチ大好きな人だったから、と云ったが年も年だし、出来る事はちゃんとしていたから悔いる事はない様子だった。
長い事お疲れ様でした、と心の中で声をかけた。
お天気の良い日の葬儀で良かった。

今日も天気が良かったので撮影した。

CRW_1933s.jpg

着物姿も撮影したが、今ひとつだった。
前にも書いた気がするが初めての着物で、気に入った色柄の縮緬地だったが量が足りず、袂はお振り袖には足りず短めになってしまった。
裾綿も今にしてみれば足りないし、比翼仕立てなんて知りもしなかった。
そんな訳で生地は良いが一寸貧相になったのが残念である。
足りないと云えば片身で生地を変えた着物を仕立てて貰った時もあった。
片身違いの生地で仕立てるのはお洒落に仕上がった。
解いた生地で売っている骨董縮緬は量が足りない事が多かった。
以降出来るだけ解いた生地でなく着物の侭買う様に気をつけた。
オーナー様が、紫の、素敵な一越縮緬の襟の見える画像を上げていた事もあったから、きっともっと良い着物を着せて貰っているのだろう。

と云う訳で着物姿は撮影はしたけどお蔵入りかな?

CRW_1970s.jpg

此れは写真作品というよりは記念写真だ。
此の子のオーナー様は2faceのフランチェスカもお持ちなので、ウチの2faceと一緒に撮影した。
久しぶりに老婆貌から少女貌にした。
オーナー様に喜んで戴けたら嬉しい。

此の後、紅い曼珠沙華と双生児の撮影もした。
其れは又今度。

スポンサーサイト


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
<<ハンドプレス、サイコー!! .. BLOG TOP .. 撮影再挑戦>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback