FC2ブログ

緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


私が鬘を使う訳

  1. 2018/09/29(土) 17:19:44..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
CRW_9419ss.jpg

作り始めた当初は人形用の鬘は手に入れるのが難しかった。
髪の素材と云えば昔ながらの絹すが糸、人毛は其の当時お付き合いのあった元ピグマリオン講師渡邊素子女史が持っていたからある処にはあった様だが、彼女に分けて貰った髪を後生大事に使ったものの、やはりそう頻繁には頼み難かった。
人毛は自分の頭を畑と称し、伸ばしては切って使ったりもした。
購入した人毛は多分脂抜きとか何か分からないが処理されているのだろう、使い易かったが、自分の髪はハリとコシがあり過ぎて使い難かった。
モヘアの鬘をアンティークドール用に輸入している方に分けて貰った事があったが、此れも又手に入り難かったものだった。
今時は人形用の鬘は容易に手に入る様になった。

そんな訳で鬘が手に入らないとなれば当然髪貼りをした。
植えた事もあった。
髪貼りは勿論出来ない訳ではない。
上の写真のアリスは小さいのでモヘアで髪貼りした。
アリスを抱っこしている人形は鬘だ。
此の人形は元は絹すが糸で髪貼りしたものだった。

b9.jpg

此の人形が修理で帰って来た。
長く置いておけば埃が付くし、汚れる。
他にも赤いセーラーの関節人形も補修で帰って来た事がある。
ボディの補修と同時に髪が乱れ、部分的に禿げかけているので変えてほしいと云う要望もあった。
こちらはアンティークドール用のモヘアの鬘を接着してあった。
さて、変えようとすると絹すが糸の髪もモヘアの鬘も接着剤を剥がさねばならない。
彩色した頭部の塗膜が接着剤と一緒に持って行かれる。
結構酷い有様になる。

其処でオーナー様の要望も聞きつつ、新しい鬘をかぶせると見違える様になったのだが、以前の様にガッツリ接着はしない様にした。
なんなら全く接着しない。
鬘なら、汚れたり気が変わったりしたら髪色も髪型も好みのものに容易に変えられる。
今なら鬘は手に入れ易く種類も髪色も豊富だ。
頭部にもダメージを与えない。

そんな訳でサイズがないとか生え際に拘りたいとか、特別な理由がない限り鬘を使う様にしている。
手法としての髪貼りを教える事は出来るので教室では要望があればお教えする。
でも、後の補修の事を考えると鬘はお勧めである。

スポンサーサイト


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
<<ヘアセット前の親指アリス .. BLOG TOP .. 髪色お悩み中>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback