緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--..
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

ミニアチュールの窓

  1. 2013/07/25(木) 00:08:31..
  2. スコープシリーズ
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


2枚完成。

DSCN4217-2s.jpg

同型の窓をもう2枚、の心算だったが、一寸大きかったので、デザインを変えて細めに。
次は大きめの両開き窓、上に嵌め殺しの窓も付けたい。

小さいので、ピンセットが活躍。
棧の交差部、此のパーツは特に小さいのでカットしただけで飛ぶ、ピンセットで抓んで塗装しようとして、ピンセットがパチン!!で飛ぶ!
行方不明になって何度もやり直した。

昔の洋館の窓は棧が多い。
実は大きい面積の硝子が作れなかったからだが、此れがなんともお洒落。
昔の硝子は技術面の理由だろうが、波打っていて、此れも味わい深い。
以前、鳥取の仁風閣と云う洋館で展示をやったが、其の時、窓硝子を見て此処は新しい硝子、此処は当時の硝子、と見て取れるのが楽しかった。

ラプンツェルが佇む窓辺、沢渡朔の写真にあったような、塗装の褪せた色合いの窓、窓には物語を想起させるイメージが溢れている。
そんな窓を作るのは大変だけれども楽しい。

スポンサーサイト


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
<<大きめの両開き窓の出来上がり .. BLOG TOP .. 窓作り>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。