FC2ブログ

緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


衣装の事

  1. 2019/09/30(月) 11:29:00..
  2. 人形制作(衣装)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
衣装のデザインは好き。
こういう衣装を着けたら素敵だなあ・・・って夢想。
裁縫は中学高校の家庭科で習ったきりでお世辞にも上手ではないし、縫い物が好きって訳でもない。
人形を創り始めた当初、自分で縫った。
後に縫い物を安く請負います、という方が現れて、ほぼ全てお願いした。
其の方はきちんと裁縫を学んだ方だったので、私にはパターンすらわからないもの、例えばセーラー服などをお願いしても、綺麗に縫い上げて下さった。
フリルとギャザーで誤摩化しの利くものは自分でも出来るから難しめのをお願いしたかもしれない。
其の方が老眼と更年期に悩まれた辺りでお断りされる事となり、仕方がないので自分で縫う様になった。
私の縫い物なんて公開しても参考になるものではないが、面白位にはなるかもしれない。
やるからには一所懸命やるが、思った様にならない事も多い。
思った様にならない時には其れを面白がってもいる。
ざっくり云わせて戴けば、人形遊びの醍醐味のひとつはお着替えだ。
世の中に裁縫の上手な方は沢山いらっしゃるし、サイズさえ合えばメーカーで作っている人形用衣装もある。此の衣装でなければならない、という事は殆どないだろう。
只、今度の双生児は此の衣装でなければならない類いの衣装だ。
結合型双生児だから。

ともあれ、上スカートも下スカートも出来たので袖付け。
ギャザー寄せてピンうって、いつもなら此処でどひゃーっとミシンがけ。
アンティークレース使ってるし、ギャザーはいつもの倍入れてるから、仕付糸で縫い(珍しく!だ)、ミシンがけする。
此処でやらかした全力の荒技。
裏表逆じゃん〜〜〜〜!!
努力を一瞬で水の泡にしたわ。
片袖で気付いて良かった。
ほら、面白だろ?

IMG_20190929_185131_resized_20190929_083613575s.jpg

両袖付いた。
カフスはまだ片方。
因にこの前立てとカフスに使ったレースも手刺繍。
一寸粗めの刺繍だけど、味のあるもの。
もう片方にカフス付けたら脇を縫って上スカート付ける。
裏地に下スカート付けたら裏表合わせる前に、いい加減に首周り決めなくちゃ。
・・・ホントはスカート付ける前に決めたい所なんだけど。

此の双生児は12月の「特別な人形たちー双子とひとりっ子ー」展出品予定。
頑張る〜〜〜〜。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
スポンサーサイト




波打ち際の音楽会

  1. 2019/09/29(日) 10:00:00..
  2. 日常
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
IMG_20190922_075954_resized_20190922_101709162s.jpg

先日行った波打ち際の音楽会で手に入れた日香里さんの繊細なペン画が届いた。
山本じん氏のエッチングと並べてみると思った通りにしっくり馴染んだ。
額の大きさは同じ位かと思ったけれど、大きめだった。
大体、展示で感じる大きさの感覚はズレる。
スペースの兼ね合いなのか、まあ、そういうものだ。
人形なんかでも同じ。
自宅で大きいなと思っていても会場では小さい感じがしたりする。
年齢もいったので、宝物は増やさない様にしているが、(心の宝物はいくら増やしても良い)繊細なタッチと幽蘭嬢の繊細なピアノのコラボレーションでほしくなってしまった。

過日、ふと甦った夢。
赤煉瓦に白い窓枠、白い扉。
小さな飾り窓には人形。
大きい窓から奥の飾り棚に人形が並んでいるのが見える。
ジュゼッペ爺さんの工房兼店舗、そんなイメージ。
勿論並んでいるのは私の人形。
若い頃の甘やかな夢だ。
久しく忘れていた夢。
お客用のテーブルと椅子がある壁にこんな絵が飾ってあったら素敵だろう。

コミュ障だから客商売等出来る筈もないけれど、夢見る事は自由だ。
楽しい夢が活力を生むのは確かなので、今となっては実る事もないだろう夢をちょっぴり漏らしてみた次第。
古い夢は懐かしくさえある。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

下スカート縫い終えた

  1. 2019/09/28(土) 10:00:00..
  2. 人形制作(衣装)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
下スカート縫い終えた。
1巾110cm位だっけ?
フリルだけで440cm???
ギャザー寄せて印見えなくなったりするし、もお長いってだけでわけわかんなくなったりして苦戦奮闘したよ。
裏の縫い代も包んで縢ったんだけど角の所マジ苦戦。
バイアスで包んだ方が楽で綺麗だったかな?
厚みが更に出そうだけど。

IMG_20190927_214514_resized_20190927_112109091s.jpg

こんな感じ。
まだスカート付ける段じゃないけど。
それにしても皺々だな。
シナ子の乗っかってたレースのスカート地も皺々だから、付けるとこまでいったらアイロン掛けよう。
今回はギャザーも手縫いした所が多かった。
仕付糸かけたのも随分久しぶり。

IMG_20190927_215630_resized_20190927_112108916s.jpg

お次は袖付け。
解れ止めにジグザグかけた所で終了。
今回カフス付けるつもりだし、やり慣れない事満載。
頑張ってるけど可愛く出来るかどうか謎。
可愛く出来ます様に!



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

駄目な日は駄目

  1. 2019/09/27(金) 10:00:00..
  2. 人形制作(衣装)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0

IMG_20190924_185529_resized_20190925_081403954s.jpg

長い長いとうんざりしていたフリル、本当に3巾分で良いの?とピンで留めて確認。
まあ、良いんじゃないの、とギャザーを寄せてみると・・・
ん?ん?イメージしてたよりギャザーが少ない感じ?
どうしよう〜〜〜〜〜〜。
もう1巾分足す?
ああああああ!レース、カットしちゃったし・・・・。
此の位のギャザーで良いかなあ?
・・・・一晩悩んでやっぱり足す事にした。
フリル1巾分カットして、さて、レース付けなきゃなんだけど、元の方はギャザーでいっぱい糸出てるし。
新しく足す方のレースは漂白しなくちゃなんだけど、足す方と元の方、接ぎ合わせて鍋に突っ込むと糸絡みそうだよね。じゃあ、足す分のレースだけ漂白してからフリルを接ぎ合わせ、それから漂白したレースを付けよう、と考えた。
さてレースを漂白してアイロンしようと思ったけれど、鍋の中で絡んだ。
なんとか解こうとしていると流石はアンティーク、しかも繊細なボビンレース、千切れたわ。(涙)
経年で弱っている所に塩素で負担掛けてるしね〜〜〜。(涙涙)
最初のレースが絡まなかったのはフリル生地に既に縢ってあってフリルごと鍋にインしたからだろう。
いやあ、充分な長さがあったのに、3巾分にした時にカットし、漂白アイロンの段で2カ所ブッ千切った。
レースの接ぎ合わせ2カ所。
碌でもねえな、私。
フリルもレースも丁寧に接ぎ合わせたけどね。

IMG_20190924_170303_resized_20190925_081404368s.jpg

此の日はマジ駄目な日で、雑務の方も出直し2回。
3度目の出直しは流石にやめた。
駄目な日は駄目だって思い、日を改めようと。
其の駄目な日にレースの漂白やったのは駄目だったのかね。
てへぺろ。
1巾分足してギャザーたっぷり入れば目立たないかも〜〜〜。
って、自白してるんだからね。
困ったもんだぜ。

長いとうんざりしていたフリル、更に長くして、スカート生地に付けなくちゃだよん。
頑張れ、私。

IMG_20190925_111903_resized_20190925_081404732s.jpg

しなぽんは相変わらず人形の側に落ち着いてる。
案外邪魔しないのよ、此の子。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

長い!長いよ!!

  1. 2019/09/26(木) 10:00:00..
  2. 人形制作(衣装)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
中スカートとフリル、袖を裁断。
中スカートが生地巾で、開き部分にもフリルを付けるので、フリルは3巾分。
長い!長いよ!!
3巾を合わせて1本にして、合せた縫い代を三つ折りにして縢った。
此の量なら間に合うだろうと思ったボビンレースが1種類だけあったのだが、長さを確かめる為、台紙から外してみたり巻いてみたり。
此れも時間かかった。
沢山あると思ったら実は3本に分かれていて、では何れが一番長いかしら、何れを使えば良いかしらと頭を捻ったり。
やっとレースを付け始めたのだが、途中でうんざりしてる所。(笑)
だってあんまり長いんだもの。(笑)

裁断前に身頃の裏地を造った。
実は1ぺん失敗してる。
表地の方、ピンタックの加減で元の型紙より、すこうし幅広にしていたのを忘れてた。
肩縫ってあててみたら足りない。
あ!そうだった、と裁断し直し縫い直し。
なんで裏地付けようと思ったかと云うと、椎名先生の仕事が超丁寧だから。
アンティークの素材を使い、アンティークさながらに縫って下さる椎名さんの仕事は本当に丁寧。
そう、アンティークのドレスの仕事は丁寧。
縫い代がきちんと三つ折りで縢られていたりして、裏から見ても綺麗なの。
裏だから見えないじゃーん、なんて私の縫い物は大体そう。
ほつれない様にジグザグミシンはするけどね。
ロックミシンは持ってないのよ。
イマドキなら絶対ロックミシンだよね。
見た目も綺麗だし。
当時は勿論ロックミシンは存在してないからね、吃驚する程綺麗に縢ってるの。
そして其れと同等の仕事なさるの。
椎名さんは。
双生児の着ている下着がそんなだから、やっぱり裏から見ても綺麗な仕事にしたいなと。
で、最初肩の縫い代縢ろうと思ったんだけど、袖付け、スカートの切り替えもあるから、じゃあ裏地付けようかな、と。
ご大層な事云って、途中でめげるかもしれないけどね。
あ!あと、椎名さんの仕事の凄い所。
スナップとか使うじゃない?
スナップが目立たない様に共布で綺麗に覆うの。
後、人形って大体小さいから釦とか中々サイズ的に難しかったりするじゃない?
ちっこい包み釦造るの。
此れらは真似出来ない!
ホント!尊敬するわ。

IMG_20190518_151513us.jpg
小さな包み釦

其処迄の仕事は中々出来ないけど、出来るだけ頑張ってみるよ〜〜。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

首周りに悩む

  1. 2019/09/25(水) 10:00:00..
  2. 人形制作(衣装)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
IMG_20190922_182351_resized_20190922_101709339s.jpg

後ろ身頃のピンタック。
真ん中の空き具合が難しかった。

IMG_20190922_193348_resized_20190922_101709873s.jpg

肩の縫い合わせにピンタックがきちっと合う様にするのも思いの外苦戦した。
しなぽんは相変わらずレースの上、人形の側に陣取っている。

IMG_20190922_210612_resized_20190922_101710238s.jpg

肩を縫い合わせたのであててみた。
レースの襟も置いてみたけれど、どうだろう?

IMG_20190922_204937_resized_20190922_101710091s.jpg

IMG_20190922_210729_resized_20190922_101709559s.jpg

外してみる。
襟はどうだろう?
巾が広過ぎやしないかな?
巾の狭い綿レースは持っていないしな。
首周り、袖付けをしてやっと脇が縫えるのだけれど、首周りが悩ましい。
先に中スカートに手をつけようかな。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

前身頃にピンタック

  1. 2019/09/24(火) 10:00:00..
  2. 人形制作(衣装)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
さて身頃は全面的にピンタックをよせる。
生地は現代の薄手の綿ローン。
縫い物好きなしなぽんは生地やレースの上にどっかりと落ち着く。
此の画像で生地は未だ綺麗だが、既にしわしわになっている。
勿論シナ子の所為だけではない。
それにしても此の足!!
かわええのう。
時折り肉球揉ませてもらう。
ウチの子は小さな頃から揉みまくっているので何とも思っていない。
肉球触られたくない子って意外に多いらしいよ?

IMG_20190913_180133_resized_20190921_090506357s.jpg

さて、ピンタックだ。
前開きなので前立てがあるので前半分7本ずつ入った。

IMG_20190921_153854_resized_20190921_090505967s.jpg

後ろは前立て分に入るので半分が8本、全部で16本入るかな?
中スカートはたっぷりとフリルを付ける予定。
フリルに出来る程のアンティークの綿レースは持っていないので、ボビンレース(勿論アンティーク)で付けたい。
ギリギリ間に合いそうなものを持っているが、漂白利くかな。

IMG_20190921_172557_resized_20190921_090504819s.jpg

前身頃分だけで来たので一寸合せてみた。
可愛く出来ます様に!!!



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

手刺繍のアンティークレース

  1. 2019/09/23(月) 10:00:00..
  2. 人形制作(衣装)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
双生児の衣装は気合い入ってる。
溜め込んで使っていないアンティークレースをがんがん使う予定。
只、アンティークレースってあるだけしかないので意外に使いどころが難しい。
スカートとかに、量がないものは使えなかったりするし。
人形のサイズにもよるけど、60cm越えの双生児にはなにせ量のあるものでないと。
で、手持ちをチェック。
使えそうなものをセレクトし、先ずは漂白からスタート。

IMG_20190920_135945_resized_20190921_090506176s.jpg

漂白してアイロン掛けて。
此のレースは幅はあるけどスカート丈にはほんのちょっぴりだけど短い。
レースを切り嵌めする事にした。

IMG_20190920_141950_resized_20190921_090505016s.jpg

ざっくりアンティークレースといっても産業革命辺りとなると機械刺繍とかも入って来る。
其の中で、此れは手刺繍のもの。
糸目も揃って本当に美しい出来映えだけれども、此の頃の身分格差は半端なくって、こういう仕事は身分の低い女性が莫迦みたいに安い手間賃で拵えたものなのだろうね。
其れを考えると気持ちは一寸複雑。
まあ兎も角、手刺繍!、技術革新の進んだイマドキじゃ洟もひっかけられないかも知れないが、手仕事の美、と礼賛しておきたい。

さて、さっきも書いたがあるだけしかないレース、失敗は取り返せない。
慎重に切り分け、レースの切り嵌めをする。

IMG_20190920_221147_resized_20190921_090505305s.jpg

ミシンを使っているけれどもひと目一目ゆっくりと縫った。
綺麗に切り嵌め出来たかな?
双生児の脚の為、通常と異なるデザイン。
スカートは前開きなので丁寧に三つ折りして縢った。
さて、次は身頃だ。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

衣装製作

  1. 2019/09/22(日) 10:00:00..
  2. 人形制作(衣装)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
さて、縫い物の段である。
『白い花束』は昔人形青山追悼展出品予定で、DM画像の件もあって、衣装製作は優先度高かった。
衣装が出来ての撮影だからね。
印刷の時間も考えると早いに越した事はなかった。

CRW_2641-2.jpg

衣装を縫い、撮影したのだが、採用されたのは錦玉糖の方だった。
けれども早いに越した事がないのは確かだ。

続いてちびすん4号の衣装を縫い、ぽよんとたれめの衣装製作だ。

IMG_20190912_183750_resized_20190921_090505599s.jpg

ブラウスのレース付け。
何故かシナモンは縫い物が好き。

IMG_20190918_121029_resized_20190921_090505131s.jpg

IMG_20190919_154425_resized_20190921_090505825s.jpg

ペチコートのレースが違うくらいで殆ど同じ。
既に書いた事だがレースが少なくなって来た。
こういうレースをなんと呼ぶのか。
綿レース(木綿生地に刺繍)、糸レース(昔はボビンレースとも云った、レース糸で編んだもの)と呼び分けていたけれども、化繊のレースが幅を利かせ、此の手の糸レースはなんだか糸が太くて繊細さのないものしかお目にかかれない。
ネットで検索すると、糸レースでは駄目らしく、レース糸しか出て来ない。
トーションレースで検索すると、糸の太いやけにがっしりしたものしか出て来ない。
画像で其れらしいものは出て来ない事もないけれども販売のページに辿り着けない。
なかなか悩ましい。

お次は双生児の衣装。
椎名先生作の素晴らしい衣装を未だ出来ていない別の人形に譲り渡したから、相応な衣装を着せてやりたい。
素材も手間も相応なものを目指すつもり。
頑張るう。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

3連泊で遊び呆けた

  1. 2019/09/21(土) 11:23:37..
  2. 展示鑑賞
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
丸善で人・形展見た後、スパンアートに菊地拓史、森馨展初日オープニングに行き、酔い潰れた。
どうもご心配掛けた様で、うあああああって恥じ入ったり反省する事頻りだった。
殊に紅子嬢にお世話になった。
ふえええってなって独りゴメンナサイを連発しまくったけれども、反省は自己嫌悪と自己叱責と共に在り、解決策は飲まない、参加しないに尽きる。
其れも楽しくない話で、周囲に飲めなくなった人も多く、どうせいずれは飲めなくなるのだろうから、と考え方をシフトしてみた。
こんな碌でもない自分を勘弁してくれて有り難う、という感謝に。
皆さん、ゴメンナサイ、そして有り難う。
暫くはおとなしくします。
普段ヒッキーだから。

さて、其の翌日は吉祥寺に遊びに行き、メンチカツの行列に吃驚したり、カロリーをカロリーで包んでカロリーで揚げるというハイカロリー食を食べたり(正しくはモツァレラチーズを小麦粉の衣とポテトの角切りで包み油で揚げたもの)、ハモニカ横町を彷徨いたり。

未来日本酒店で自分の好みを判定して貰ったり、久々のユザワヤを彷徨いたりもした。
往年のユザワヤとは違い、2フロアきりで品揃えは其れなり。
大昔にロールで購った糸レース(トーションレース?)が少なくなって来ているのでほしいのだが中々ない。吉祥寺のユザワヤは改装前は品揃えが良かったので遠くても度々行ったものだが、もう行く事もないだろう。まあ、聞いてはいたし、聞いた通りだった。
終いに牛かつの店に入り、堪能して帰宅。

牛かつもと村は美術館巡りの時、六本木店に因間さんが連れて行ってくれて、とても美味しかったのでお気に入りに。
レアで出て来るのがとても好み。
石炉?とでも云うのか、各自備えられていて少しレア過ぎるなら其処で好みの加減に出来るのが良い。
私は一切れ二切れじゅうじゅうやったが、其の儘のレアが一番好みだ。

其の翌日はラタトゥイユと豚肉のワイン煮込みを拵え、夕方近くに「波打ち際の音楽会」へ。
永井幽蘭嬢のピアノと歌、由良瓏砂嬢とのセッション、花森ゆきめ嬢のテキスト、ガラスの小鳥社のアートワークを楽しんだ。

そして、先日「昔人形青山追悼展」初日を迎えた。
「錦玉糖」は初日にお迎えが決まったらしい。
有り難い事である。
青山さんと縁故のあった作家樣方の作品が勢揃い、いちまさんもたくさん。
是非、皆様に足を運んで戴きたいものだ。

CRW_1825s.jpg
「錦玉糖」

私はと云えば、新作のぽよんとたれめの衣装を造り終え、双生児の衣装に着手した処。
此の話は又後日。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

青山恵一追悼展 「人形気分」出版記念 創作人形展

  1. 2019/09/18(水) 00:57:00..
  2. 展示
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
さて梱包修了、土日祭日を挟むのと病院ツアーが控えていたので「白い花束」は早めに発送。
新作「白い花束」、旧作「錦玉糖」2点参加します。

Memories of K1-Doll
青山恵一追悼展
「人形気分」出版記念 創作人形展
9/19(木)~25(水)

IMG_20190918_170331_resized_20190919_124942026s.jpg

アラビク森内さんから既に展示風景をお送り戴いているけれども、其れは又今度。
SNSのお陰で遠隔地でも展示確認とか出来て有り難い。

CRW_2650-3s.jpg
「白い花束」

CRW_1853s.jpg
「錦玉糖」

懐かしい、マントルピースを思わせる三角コーナーに並んでいる画像をお送り戴きました。
人形の下に中村きょうさん(漢字が出て来ない)撮影、伽井丹彌と映し身の人形たちの写真が飾ってあったのも嬉しい。

どうぞ足をお運び下さいませ。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

昔人形青山ー青山恵一氏の思い出

  1. 2019/09/07(土) 13:35:00..
  2. 日常
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
さて、随分回復しつつあるが、腰が未だ痛い本日、ブログ書こっと。

昔人形青山追悼展のDM画像がTwitterで流れて来た。
デザインは往年のものと同じで懐かしい。

私と青山さんのご縁は伽井丹彌抜きには語れない。
そして伽井丹彌との出会いはMさんを通じてだった。

1985年、当時、丹彌さんとMさんは四谷シモンの教室仲間で私は独学で人形を創っていた。
ー後に四谷シモン氏にお会いした時、お金がなくて教室に通えなかった、原宿駅の看板は今でもよく覚えている、とお伝えした。
天野可淡も未だ教室を開いていなかった、そんな頃だ。ー
同年、公募展「人形たち展」に応募し、1次審査を通って人形を某所(覚えていない)に届けに行き、其処でMさんと出会った。
或る日Mさんが、気のあいそうな人がいる、と云って伽井丹彌を紹介してくれた。
北海道の人、同郷、である。
北海道は広くて、本州なら何県入るかわからない程広い。
もし何県かに分かれていたら同郷とは云わなかったかもしれないが、ともあれ同郷、である。
Mさんのお察しの通り気があった。
そして、長い付き合いとなった。

其の後、Mさんは大阪の実家に戻り、人形を制作していて、発表の機会を求めた。
其れに応じたのが青山さんだった。
奥のスペースをギャラリーにする、と云う展開を決めたのはMさんだけでなく何人かの要望があったのだろうと推察する。
ともあれ、Mさんは昔人形青山で個展を開き、其れが伽井丹彌に繋がり、彼女から私に繋がった。
ご縁、というものである。
此の後、何度も展示の機会を与えて下さった。
東京展やるから、New Year展やるから、とお誘い下さった。
有り難い事であった。

青山さんの慧眼のひとつに挙げられると思っているが、Mさんと伽井丹彌と私、Mさんは人形を創らなくなるだろう、そして伽井丹彌と私は創り続ける人だ、と云った事がある。
私の記憶では伽井丹彌、私、別々に其れを聞いていると思う。
そして現在、其の通りとなっている。
Mさんの其の後は知らない。
承諾の得ようがないのでお名前は伏せる。

青山さんの思い出のひとつに平田郷陽と山本福松があった。
何処から発掘したものか、今は多分横浜人形の家に収蔵されていると思う、絽の着物で鏡を覗き込み身繕いをしている婦人の生き人形、其の人形の鑑賞会を催した。
遠く千葉から駆けつけたいと思ったが叶わなかった。
平田郷陽は人形を知るものは誰でも知る人間国宝となった巨匠である。
生き人形が見直されつつあった時、でもあった様に思う。
或いは見直される契機のひとつを青山さんが担ったものか?
事実、生き人形展が催されるよりずっと前から彼の店には生き人形の頭が飾られていた。
生き人形師が興行等の仕事が減り、百貨店のマネキンの頭を拵えていた頃のものだ。
此れも又彼の慧眼のひとつだと思うが、彼は山本福松を発掘した。
生き人形の技法が遺憾なく発揮された幼子、此れを見せて貰っただけではない、触らせてくれた。
柔らかそうなふっくりとした頬、蔭をおとす睫毛、手も足も触れば窪みそうな造形、塗りの質感。
私は此の時本当に此の子がほしかった。
青山さんは微笑った。
此の後、人形愛好家たちの間に一大福松ブームが訪れた。
TVの鑑定団でも出た程だったが、そうしたブームは青山さんが私に福松の幼子を見せてくれた日よりもずっと後だったと思う。

さて、こんな文章を書いている処に昔人形青山追悼本「人形気分」が届いた。
開くや否や、アラビク森内さんの序文を読んだ。

IMG_20190907_113521_resized_20190907_114048169s.jpg

同時にアートコレクターズも届いた。
Twitterで書いたが、銀座人形館の太田さんから本に載せるので画像と短い文章を書いてくれと頼まれた。
画像は「避暑地のそよ風」展のDM作成の折、サンプルで提出した画像からあちらが選んだ。
Twitterで流れていたけれど、此れに黒曜石が載っているとは思ってなかったので吃驚した。

腰は痛むし、同時に届くなんて云うのもなんだかご縁ものだし、今日は本を読もうかな。

あ!でも、梱包しなくちゃかな?
一寸読んでから考えよう。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

腰やらかしました

  1. 2019/09/05(木) 10:28:00..
  2. 撮影
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
腰、やらかした。
ベースを作ったのは自分。
此処の所、朝、夜涼しくなって来て、猫のぺたしを楽しみたくて寝慣れない場所で寝た。
翌日、腰がピキピキだった。
其の夜はいつもの場所で寝た。
腰ピキピキなのに1日おいたから大丈夫かな?って又猫ぺたしで寝慣れない所で寝た。
腰ピキピキは倍増と迄は行かなくてもちょこっと増し程度だった。
其処にちょこっと重いもの(すんげえ重いもの、ではない)持った時にビシッといった。
筋を違えただかなんだか知らないが、ナンカハイリマシタ〜〜!的な。
其処からとりあえず痛くて屈めない。
屈まなければならない時は、膝を曲げ腰を落として高さを合わせ、腰筋でなく内腿の筋肉で立ち上がる。
そんな対応。
腰痛調べてみて、安静もあまり良くないとあったのでなるべく普通に動く事に。

で、此れ書いてる訳だ。
普通に動け云うても痛い事は痛いし、撮影終えてて良かった!!

CRW_2641-2.jpg

CRW_2650-3s.jpg

CRW_2685s.jpg

タイトルは「白い花束−White bouquet」
昔人形青山追悼展には此の子と「錦玉糖」出品予定。
ちびすん4号は写真では持たせたけど出品しない。
衣装が間に合わないから。(笑)

来週又病院ツアーあるし、楽しい事も楽しくない事も含め、生活雑務色々忙しかったし、まあ、此れからも忙しい。
それでも白い花束、衣装縫い上げたし、撮影もした。
12月だっけ?銀座人形館の「特別な人形たち~双子と一人っ子の物語~」双生児出品予定。
で、衣装縫わなくちゃなんだ。

書きたい事もあった。
青山さんの思い出とか。
ライオンキング、映画鑑賞奢って貰った上、映画館のキャンペーンのU-next30日無料体験加入で見たかった海外ドラマ見させて貰ったりとか、SNSで流行ってるので乗ってしなことちょびひこにやったライオンキングごっことか。

まあ、あとで時間が出来たら、書こうと思っていた事、沢山ある。
イヤ、でもホント忙しい。(笑)
腰痛にかこつけてちょこっと書いてみたよ。

カテゴリ悩むな。
日常でもあるが撮影もちょこっと入ってるし。
画像は撮影関係だから、撮影にしておくかな?



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY