FC2ブログ

緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


良いお天気

  1. 2018/10/30(火) 17:44:30..
  2. 撮影
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
CRW_1879s.jpg

撮影前の一コマ。

土曜の夜、伯母が亡くなったと連絡があった。
日曜に従姉妹の家へ行き、月曜に葬儀に出席した。
母と伯母は仲の良い姉妹で、私は旅行やら母の入院やらの度に預けられた。
長い期間の事もあったろう。
従姉妹とは私も仲が良く、伯母をお母さんと呼んだ。
実の母はママと呼ぶ習しだったので呼び分けは出来ていた。

93歳だった。数えでは云うから享年94歳。
施設でさっき迄話したりしていたのが、椅子に座った侭、眠る様に息を引き取ったそうだ。
従姉妹は家で看取るつもりで、車椅子で移動出来る様に家を片付け、介護ベッドを入れる手筈を整えていたから、後何日かでも早ければ家で看取る事が出来たのに、とすこうし残念がっていた。
家に帰りたがっていた、おウチ大好きな人だったから、と云ったが年も年だし、出来る事はちゃんとしていたから悔いる事はない様子だった。
長い事お疲れ様でした、と心の中で声をかけた。
お天気の良い日の葬儀で良かった。

今日も天気が良かったので撮影した。

CRW_1933s.jpg

着物姿も撮影したが、今ひとつだった。
前にも書いた気がするが初めての着物で、気に入った色柄の縮緬地だったが量が足りず、袂はお振り袖には足りず短めになってしまった。
裾綿も今にしてみれば足りないし、比翼仕立てなんて知りもしなかった。
そんな訳で生地は良いが一寸貧相になったのが残念である。
足りないと云えば片身で生地を変えた着物を仕立てて貰った時もあった。
片身違いの生地で仕立てるのはお洒落に仕上がった。
解いた生地で売っている骨董縮緬は量が足りない事が多かった。
以降出来るだけ解いた生地でなく着物の侭買う様に気をつけた。
オーナー様が、紫の、素敵な一越縮緬の襟の見える画像を上げていた事もあったから、きっともっと良い着物を着せて貰っているのだろう。

と云う訳で着物姿は撮影はしたけどお蔵入りかな?

CRW_1970s.jpg

此れは写真作品というよりは記念写真だ。
此の子のオーナー様は2faceのフランチェスカもお持ちなので、ウチの2faceと一緒に撮影した。
久しぶりに老婆貌から少女貌にした。
オーナー様に喜んで戴けたら嬉しい。

此の後、紅い曼珠沙華と双生児の撮影もした。
其れは又今度。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
スポンサーサイト




撮影再挑戦

  1. 2018/10/27(土) 16:19:08..
  2. 撮影
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


昨日、撮影再挑戦。
記憶力悪いので一昨日の撮影を良く覚えておらず遡って再現しようとは思わず、其れなりに再開。
前の撮影でマルタのプレゼンテーションボックスと一緒に撮ったのが好評だったので、気を良くしてオルゴールベビーを抱かせてみた。
サイズ的に子守りをしている様に見えるか、人形を抱いている様に見えるか、どちらでも構わないが、絵面としては良い感じ。
朝から晴れて居たという訳でもなかったけれど、天候は崩れて暗くなって来たので撮影は中断。
今度晴れたら着物を着せて撮って終了。
帰って来た棺に入った双生児も撮影したい所。
なんせ昔の人形はフィルムの時代でデータ化は殆どしていない。
時代は変遷した。

1999年だったと思う。
「少女伽藍」の元になった写真展「DÉJÀ-VU」の展示は。
此の時はポジフィルムで撮影した写真をデータ化して画像処理を行った。
一眼レフのデジタルカメラの初号機がウン十万の時代だ。
CG的な絵面を目指していた訳ではない。
出来るだけ加工を行った感じがない絵面にしたかった。
時代的に一旦デジタルにした絵をプリントするのも大変だった。
データからプリントする方法と、データからポジフィルムに起こす方法があった。
ポジフィルムに起こすのは1枚何万だったろう?
兎も角お金がかかり過ぎる。
プリント自体、色調整しながら何枚もプリントする羽目になるのは変わらなかっただろう。
近場にデータからプリントしてくれる所があったから大部分は其処で。
必要サイズが無理な時は東京に出向いた。元気だったな。
今なら何処でもデジタルプリント出来る。

当時、デジタルデータは未ださほど一般的でなかった所にアートシーンとしてはデジタルに拒否感もあった。展示の講評では其処を突かれた。
アートとしてやるならポジを起こすべきだったのではないかと。
其処で出された作家さんの名前もあった。
○○氏は此の写真を撮るのに、煙草の煙を表現する為に線香だかなんだか忘れたが何かを使ってこういう苦労をして撮った、と云われた。
徹底的にアナログに拘る姿勢を評価していた。
其の時出された写真はそうだったかもしれないが、別の時、別の写真で此れもアナログですよね、と尋ねた其の方に○○氏は、其れはデジタルで加筆した、と云っていた。
デジタルだのアナログだの、莫迦々々しい話だね。

今やデジタルはフツーになった。
3Dプリントは出たての頃、此れはいずれ手仕事が要らなくなるな、と思った。
工業的な意味合いでも作品的な意味合いでも。
其処に手を出している人も出て来ている。
楽しみな事だ。
踏んづけられてもめげずに頑張ってね。

閑話休題。

今回のお気に入り写真は此れ。

CRW_1918-1.jpg

折角眼の動く子なんだから動画もほしいな。
自動で動く訳ではないので撮影は人の手を借りる必要があるけど。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

阿呆っぷり快調に更新中

  1. 2018/10/26(金) 08:47:46..
  2. 撮影
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
CRW_1861.jpg

もう日付変わったな!
昨日、久々の快晴で撮影に臨んだ。
快調に撮影をしていて、カードが入ってない事に気付いた。
え”〜〜〜〜!!!!
まぢですか!!??
なんでもっと早く云ってくんないのさ!
大落胆。
セッティングしてた所は撮り直したけど、遡って再現しようと思ってセッティングし直してもなんか違う。
さっきもっと良かったぞってなった。
失ったものは良く思える、って事なのか、完全な再現か其れ以上を求めてしまうのね。
陽の傾きが違くて再現すら無理ってなって諦めて切り上げた。
また晴れると良いなあ。
靴の失敗に引き続き撮影も失敗、失敗続き。
阿呆っぷりは更新中だあ!

CRW_1857.jpg

少女は異国の大きなお人形を貰って、遊んでる。
「此の子は帽子台もお着替えもマネキンも持ってる。
 ご本もあるし、手鏡も持ってる。
 少女の絵の付いた宝箱だって持ってる。
 素敵。」

おにんぎょあそびが楽しくて、ずうっと遊んでいたい少女時代。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

釦留めブーツ、大きい方も完成

  1. 2018/10/25(木) 00:15:37..
  2. 人形制作(靴)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


釦留めブーツ、大きいサイズの方も完成!
やっぱり多少でも手慣れて来たか、出来が少しは良くなっている気がする。
サイズが少し大きいから釦は5個に。
此の手のものは釦が沢山並ぶ程格好良い。
ボタンホール縫ってないから裂けたら困るので釦は此の程度の間隔で。
アンティークのベビーブーツはちゃんとボタンホールも縫ってあって、釦の間隔ももっと狭い。
釦がずらりと並ぶのは格好良いが着脱が面倒にはなる。
小さいサイズのものより大きいサイズの方は先を尖らせた靴型なのでクラッシック感強くなって好き。

IMG_20181024_221848_resized_20181024_103625981s.jpg

ヒールも付けたし。

実は昨日間抜けな事をやった。
釦付けも釦穴も付け終えて、靴型に履かせ形作る時、なんか革が余ると思ったら靴型を小さい方と間違えてた!ちゃんと大きい方の型紙起こして裁断したのに余るのはオカシイ。
・・・・で、気付いた!
靴型が小さい方だった!!!
やべえ!大きいなあって革部分的にカットしちゃったぞ!
慌てて接着剤を剥がして、正しい靴型に被せた。
カットしたけどギリ大丈夫だった。
何とかリカバリ出来たけど間抜けにもほどがあるな。

今日は靴底付けとヒールの製作。
乾き待ちの合間に編み上げの方の型紙作りと革の裁断。

靴底にヒール接着、ヒールにも底に皮を貼り、黒く染めて、仕上げ剤塗り。
で、完成!
早く履かせたいな。
でも、靴下届く迄我慢。

明日は晴れるという事だから、撮影したいな。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

編み上げブーツで、う〜〜〜ん

  1. 2018/10/22(月) 00:02:14..
  2. 人形制作(靴)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
今回初めて釦留めのブーツを造り、今度は編み上げブーツ。
編み上げブーツは多分今迄に一番数を造っている。
今迄どんなの造ってきたっけ?って昔の画像を見て、うわ!へったくそ!!ってなってる。
わりと手放してて、自分の所に残っているのは大してない。
改めてブーツのデザインを見てみたりしてるけど、甲が上のが良いか、編み上げの革が上のが良いか、サイドの革は?って案外悩みどころ。
アンティークの靴の本も見てみたり。

blog_import_4f672aefa58d6.jpg
画像は昔造ったロングブーツ

釦留めブーツのサイズ違いの方は型紙起こしたのでそろそろ手をつけなくちゃだなあ。
次回の教室でブーツを造りたい生徒さんがいるから編み上げの方を考えちゃってうにゅにゅにゅってなってる。ちゃんとしたカタチの良いブーツ造ってお見せして、参考になるのが良いんだけど。

今でもへたくそには違いないんだけど、昔の画像を見たらもっとへたくそだったので一寸ずつでも進化してるんだな。
頑張って造ろう。
・・・って云っても未だ編み上げの方はお悩み中でござる。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

釦留めショートブーツ、出来たよ

  1. 2018/10/18(木) 00:03:36..
  2. 人形制作(靴)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


出来た!
でも黒い靴下に黒い靴、見え難い画像だな。
後から造った右足の靴の方が一寸出来が良いかも。

IMG_20181017_170448_resized_20181017_110540166s.jpg

同じデザインの靴、サイズ違いで造るので型紙起こした。
双生児は足のサイズ違うからね。
でもお揃にするの。
白い曼珠沙華用に編み上げショートブーツ造るからこっちも型紙起こさなくちゃ。
先日立ち読みした靴造りの本を見て、今回から靴底は2枚仕立て。
以前より靴底綺麗になった気がする。
フィリング入れたしね。
人間の靴と違って歩く訳ではないからコルクとかではないけど。

靴、下手っぴなんで今迄どんくらい靴造ったか数えてみた。
25足だった。(数え間違えていなければね)
もっと造らないと上手になれないだろうなあ。

靴と云えば靴下。
人形用靴下も最近は手に入れ易い。
昔は靴下壊して縫ったりした。
やっと手に入れた人形用靴下は結構ゴツかったりもした。
あんまり手に入り難いので糸を買って母に編んでもらった事があった。
縫い物も苦手だが編み物は全く駄目なので。
折角頼むのだからと奢ってシルクの糸を送った。
1足だけ編んで呉れたが、それきりだった。
忙しかっただか眼が辛いとかだったか理由は忘れた。
返されたシルクの糸は仕舞ってある。
使い道はない。
たった1足の、手編みの絹の靴下。
使えまへんでしたね、勿体なくて。
此れは長い事引き出しに仕舞いきりだったが、白い曼珠沙華(原型)に履かせた。
ぴったりだった。
白い曼珠沙華の靴をスリッポンにしたのは靴下を綺麗に見せたかったからだ。

最近は薄い編みの靴下が手に入る。
もっぱら黒と白を買って置いておく。
黒く染めるのは思いの外染まり難かったりするし、白いものなら何色にでも染められるから。
衣装イメージで生成りが良いなとか、くすんだ若草色が良いとか、紅いのが良いとか、その度に染める。
白いレースのドレスに黒い靴下、黒い靴、此れは大好きな組み合わせだ。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

靴製作

  1. 2018/10/16(火) 22:16:26..
  2. 人形制作(靴)
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


釦止めのブーツ、型紙作り直して再挑戦。
左足のがおおよそ出来て、右足の分を造っている所。
失敗したのが後方中央にあるが、2度目の左足で手順が飲み込めたので一寸早くなったかな。
釦穴のある処の革が薄過ぎた為、2枚仕立てにした。
1頭分の革、部分的に非常に薄かったりする。
左足の分は後から2枚仕立てにしたが、右足の分は最初から2枚仕立てにした。
厚い部分だったら1枚で構わないだろう。
画像は底を糸で引いている所。
釦は黒い淡水パールなの。

IMG_20181016_190045_resized_20181016_091424170s.jpg

後ろ左側にあるのは左足の靴。
もうヒールも付いてる。
ヒールは今回、革でもコルクでもなく石塑で造り、底だけ皮を貼った。
明日仕上げ保護剤を塗る。
右足のは明日甲を付けて底をつけて仕上げるつもり。
ヒールも。
此れと同じデザインの靴を大きさ違いでもう一足。
後、編み上げも1足。

靴はヘタっぴ。
もう少し上手くなりたいなあ。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

靴製作失敗で閑話休題

  1. 2018/10/13(土) 21:31:48..
  2. 制作エトセトラ
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
人形制作は補修、オーダー、2016年より制作開始した双生児と紅い曼珠沙華の完成をもって一段落。
まあまだ手をつけて放ったらかしになっているものもあるが、其れは置いておく。
靴の製作に乗り出したが、いつもの編み上げショートブーツではなく、Cynthia(貼付けタイプの靴、着脱不可)に履かせているデザインのブーツを着脱可の靴として造ろうとして失敗。
型紙が駄目だったらしいので、又新しく型紙を起こす。

てなカンジで閑話休題。
先日、スマホの手帳タイプのケースをリニューアルした。
一から造った訳ではない。
使っている内にぼろぼろになったのと、色を変えたかったので。
色を変えたい理由は行方不明になり易いから。
鞄だの何だの、私の持ち物は黒いものが多い。
其れで当然の様に黒を選んだが、片っ端から黒いから鞄の中でも目立たない。
或る日なぞ、車の中で落としたスマホが綺麗に座席と車のドアの縁の間に嵌った。
黒いものと黒いものの間で完全に馴染んで全く分からなかった。
スマホを鳴らして貰ってやっと気付いた有様。
此れに懲りた。
もう一つには一度派手に落としたのでケースの角が割れていた。
角がないから外れ易かった。
そんな訳でリニューアルしたのだ。
先ず、一番安いスマホケースを購入、手帳式の台紙から割れたケースをバリバリ剥がした。
台紙だけになった状態にして好みの布で包み、新しいケースを貼った。

IMG_20181004_083052_resized_20181004_105756573s.jpg

こんな感じ。
意外に面倒だったのは内側にあるポケットを活かす事だ。
此れがなければもう一寸簡単に済んだだろうけど、此のポケットは重宝したので活かす事に。

IMG_20181004_083122_resized_20181004_105804096s.jpg

裏もちゃんと指紋認証とカメラの穴を開けた。
黒い留め具は元のもの。
以前人形用にアンティークの釦を手に入れたのを型取りして自作の釦を造ったが、大きさの関係で使わなかったアールヌーボーの釦のコピーを貼付けて飾りにしてみた。

IMG_20181004_083337_resized_20181004_105800359s.jpg

結構気に入った出来だけど、よく考えると此のカバー布、耐水性ない。
布だからきっと汚れるんだろうな。

って結局やっぱり安い普段使い用のケースを購入。
お出かけの時、スマホもお洒落にお着替え、なんて考えてニヤついてる。
忘れそうな気もするけどね。(笑)



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

紅い曼珠沙華、完成

  1. 2018/10/12(金) 01:03:14..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


睫毛も付け、眉も描いた。
眉は垂れ眉に。
睫毛は短めに、殊に下睫毛は細い毛を選んで貼った。
本体は完成。

鬘は旋毛を市松人形式に貼った。
昔試した時は膠の濃度が緩くて失敗した。

因間さんに教えて貰った吉田式でGクリアを使って、まあ・・・・成功。
毛束を綺麗に揃えるのが下手過ぎたので抜け毛も大量に出たけど。
最終的には毛のボリューム的に抜けて良かった程度だけど、人毛は大量に無駄にした気がする。(苦笑)

IMG_20181009_191057_BURST001_COVER_resized_20181011_103243969s.jpg

髪を落ち着かせてからカット。

IMG_20181011_101536_resized_20181011_103359683s.jpg

なんか、うわあああってなる。
此処から伽倻子が出て来そう?
てか、禿げたくないよう、って気分に襲われる。
自分の毛じゃないのに!(笑)

IMG_20181010_183006_resized_20181011_103357171s.jpg

フラーティングアイ和人形と並べてお座りさせてみた。
やっぱし美少女。
睫毛も長いし切れ長の二重だし。
眉は出ない位の」前髪の方が似合うかも。
曼珠沙華は昔の田舎臭い感じ、で on the 眉毛でいくの。

IMG_20181011_161613_BURST001_COVER_resized_20181011_103358783s.jpg

紅いおべべ腰上げ縫って着せて、ホントに完成。
合掌させたかったの。
打合せ逆だって思う?
敢えての逆なのよ。
此のおべべ思ったより良いわね。
鬼縮緬なんてホント、見なくなったもの。
あれ?ホントに鬼縮緬だよね?
一越縮緬と見分けついてないってなったら恥ずい。

此の子を曼珠沙華の咲き乱れる中に座らせて誰かに写真撮ってほしいな。
ロケ???
まあ、ぽわわわんと妄想。
「紅い曼珠沙華の咲く川辺で」
副題は
「さようならの聲がもう届かない」
此の子と対の作も創りたい。
そっちの副題は
「さようならの聲がもう聞こえない」
其方は金髪の美少女にしようと思う。
妄想だけは湧くな。
手が追いついてないけど。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

鬘制作中

  1. 2018/10/08(月) 22:07:43..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
IMG_20181006_185034_resized_20181006_082114595s.jpg

初めて鬘造りに挑戦。
キャップに縫い付けてるとこ。
あと、旋毛をどうしようか思案中。
最初は市松人形の職人さんの様に旋毛を貼って仕上げようと思っていたけど、縫い止めて手植えにするのはどうかな?
う〜〜ん、どうしよう。
植毛は胡粉の肌に極細いドリルで穴を開け、人毛を接着した上、穴を一つ一つ胡粉で埋める作業をやった事もある。
絹すが糸の髪を接着して行った事もある。
チュールレースに人毛を1本から2本縫い止めてチュールを粘土の軟らかい内に埋め込む(此れは可淡に教えて貰ったやり方)方法もやった。
鬘のベースはチュールだから可淡式でやってみても良いかも?
今回は埋め込む訳ではないから結び目とか目立つかな?

未だ決めてないけど、まあ追々決める。

先ずは本体の完成目指そう。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

曼珠沙華上塗終了、仕上げ中

  1. 2018/10/06(土) 21:23:16..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
IMG_20181006_184316_resized_20181006_082112934s.jpg

肌色をのせて爪を描いた。
艶も入れて手足は終了。

IMG_20181006_192708_resized_20181006_082013041s.jpg

指関節つけたので合掌出来る。
つか、合掌させる為に指関節付けたのだから出来なきゃ困る。(笑)
其の為に肘関節も変えたんだし。

今、睫毛を付けてる所。
疲れたので今日はもうオワリ。
眉は未だ描いてない。
此処は難しいし気合い要る処だし。

でももう一寸だな。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

補修終了

  1. 2018/10/04(木) 23:31:49..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
里帰り中のフラーティングアイ和人形の補修が終わった。
金具が当たって欠損している部分、ゴムが当たってであろう欠損している部分を補修した。
肌色の上塗を鑢り落として置き上げ胡粉で埋め、欠損、補填部分が分からなくなる迄中塗りしてから下色を入れて肌色の上塗をした。

IMG_20181004_105440_resized_20181004_105806035s.jpg

元のパーツと色を合わすのは予想通り大変だった。
試し塗りしてOKと思われた色を乗せて、違うなあ、と思っては色味を微調整、塗り進めては又微調整、なんとか完成をみた。
何れが修復パーツかわかるかな?

IMG_20181004_105515_resized_20181004_105802312s.jpg

結構分からない位になったでしょ?
何れが補修パーツかは又後で。

ところで古くなった人形を引き取って吃驚するのは太陽のチカラ。

02070009-5.jpg

此のオルゴールドールは去年12月に引き取った。
此の画像は出来立ての頃。
藤のバスケットに布団と枕を敷いてべビーキャリーっぽく仕立ててあったのだが、此のバスケットごと窓の側に置いてあって、埃を被っていた。
螺子を巻き過ぎたのか、ボデイは引き攣れて捩じれ、全く動かなくなっていたのだが、縫い包みのボディを解いて見ると巻き過ぎて螺子に中の綿が絡んだのを更に螺子を巻いた様子。
噛んでガチガチに絡んでいる綿を丁寧に外し、改めて綿を詰め、閉じた。
此の作業の際に服を脱がせたのだが、長い年月陽にあたり、日差しに晒されている部分が若干色褪せていた。正直、脱がせなければ分からない程度ではある。

フラーティングアイ和人形も若干貌、手足が白っぽい。
補修の際はほぼ陽に晒されていない腿、腰、脛の色を基本にした。

mark2.png


此のフラーティングアイ和人形を久々に見て、やっぱりフラーティングアイって楽しい💖ので又創ろうかと、Twitterで呟いたらオーナー様がご親切にも補修を終えてすぐに返さなくても新作を創って、と云って下さった。
で、どうしよっかなあ、と考え中。

mark2.png


IMG_20180831_185131s.jpg

さて、補修したのは此の3パーツ。
肌色はたっぷりめに作ったので此の儘紅い曼珠沙華の上塗を進める。
頑張るう!!



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY