緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--..
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

地震、そして其の後

  1. 2011/03/30(水) 16:00:00..
  2. 日常
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
blog_import_4f672a6b7e051.jpg

blog_import_4f672a691f022.jpg

blog_import_4f672a675c178.jpg

3月11日、震度6度弱の大地震。
1階のキッチンでは、神戸の大震災のあとで購った食器棚は引き戸でしかも開け難い設計、こっちは大丈夫だったが、レンジ戸棚の上のパタン戸が開いて中のグラスが飛び出した。あとは水切り籠が倒れた程度でたいしたことはなかったが、2階は流石に酷かった。
本棚から本が飛び出して、本棚の上に置いてあったものは悉く落ちていた。
本棚の地震対策用の突っ張りポールが1個外れていたし、額類は悉く倒れていた。
落ちてなかったのが救い。
椅子に座らせて飾ってあった伽井丹彌作のビスクドールが、椅子ごと吹っ飛んだらしく、膝下が割れていた。(涙)
2階はどの部屋も本が本棚から落ちていたが、一番酷いのが私の仕事部屋で、学生時代から使っていた金属製棚が歪んで型が雪崩落ちていたし、本棚の上に据えてあった桐の小引き出しは一つは落ち、一つは落ちかけ、石膏像が落ちて大破。
スペース確保の為に上へ上へと積み上げた箱類は全て落ちていた。
意外だったのは局所的水害、地震時、丁度仕事部屋で作業中だった私は、傍に水入れ、珈琲を置いていたが、其れらが揺れで殆ど溢れ、色んな物が珈琲と水を浴びていた。
ホールに置いた大きい人形ケースは、メリッサとカール、リュシアンが入っていたが、少年達は無事、メリッサだけが前面の硝子に額を押し当てて倒れかけていた。此の子だけは直しても余震でもう一度頽れた。
膝崩れではなく、腰を折る様な形だったので、ゴムの引き直しをした方が良いかもしれない。
硝子を突き破る事がなくて良かった。
長く続く揺れの真っ最中、もしかしたら、此の侭死ぬかもと思ったが、其の時脳裏を駆け巡ったのは、死ぬのは構わん、が、一生をかけて頑張って創り続けて来た作品が瓦礫の山と化すのかと思うとなんだか切なかった。

地震の後、1ヶ月以内に同程度の震度の余震が来る事もあると報道されるので、とりあえずホームセンターに走り、L字金具とボルト&ナット&ワッシャー、そして木螺子で、歪んだ2つの棚を無理矢理壁に固定した。
力技である。
本棚の上の桐の小引き出しも壁に固定したが、此れが床の惨状が酷い箇所で、脚立が据えられず、本棚によじ上っての作業、足の置き場が少ないし狭いしで、アクロバティックな格好で奮闘した。
此処はまあ、脚立でも届かなくって、結局は本棚によじ上ったんだろう。
此の後暫く腰が痛かった。
撮影してたらオモシロかったかもしれない。
人形ケースは紐でくくって倒れない様にした。
未だに落ちた物は床に並べた侭、戻す気には中々なれない。

余震が長く続く中、猫達はそれぞれの個性を発揮した。
一番初めの激しい揺れの中、ちびすけは外出中、シナモンは怖がってぴぃぴぃ鳴いてうろつき、みるくは隅っこで涙目になり、ショコラは何事もないかの様に飾り棚の上で眠そうにしていた。
不安げなシナモンをショコラに押し付けると(しーちゃんはショコラが大好きなのだ)太平楽なショコラの態度に、なんだ、なんでもないのね?と云うカンジで、余震の続く中、2匹して平和そうな眠りについた。
みるくは抱き上げると珍しく腕に納まっていた。

地震後、輪番停電、不安がそうさせるのか、買い溜めをする人が増えて、一時はトイレットロール、電池、カセットコンロ、レトルト食品などすぐに食べられる物がマーケットから姿を消した。
其の後、私は父の一周忌の法要の為、北海道に1週間滞在。
滞在中、放射性ヨウ素の検出で水道が危ないとなると、一気に水のペットボトルが姿を消した。
遠隔地である北海道でさえ、水がなくなるのが解せなかったが、東北や関東の親戚の為に送ったりしたのだろうか?
帰宅する頃には自分の居住地の水の危険サインは消えていたし、元より乳幼児でもないから普通に水道水を使う。
人間、癌か血管系かどっちにしろ死ぬんだから、微量の放射性物質を怖れたって仕方がない。
ただ、此れからを担うコドモ達の心配だけすれば良い。
極論を云えば自分達位の年代は先は其れ程ないのだから乳幼児に譲れば良いのだ。

私に出来る事はささやかな募金と無駄な買い溜めをしない事、節電、其れくらいのものだろう。
それにしても、なんと電気に依存する生活をしている事だろう。
輪番停電の話が持ち上がった時、未だ夜には肌寒いが、石油もガスも問題ないから大丈夫、と思ったら、今時の暖房器具は電気で動くのだった。
昔の暖房器具はガスストーブも石油ストーブもコンセントなぞなかったのに。
節電も勿論大切だが、電気に頼り過ぎない、そうした生活にシフトして行くべきなのかもしれない。
そして原発を見直すべきなのは勿論の事。
チェルノブイリの時から警鐘を鳴らす人々は居たが、大方は対岸の火事(自分も含めて)、今は火だるまになったのだから流石に考え直すべき時である。


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。