緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


竜神洞

  1. 2006/08/16(水) 13:06:00..
  2. 日常
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
お盆休みに鳥取は大羽尾、羽尾岬の先、竜神洞まで行って来た。
海岸の端からあまり手入れされていない急な階段を上り、延々上ると羽尾岬、展望台がある。
展望台からの眺望はまことに美しい。
湾の内側になっている羽尾の海岸は遠浅の砂浜で、中国山地の影響だそうだが、砂は黄色味を帯びて美しい。
潜ると沢山の魚が見られる。
浅い所でも稚魚が群れなしていて、お魚天国といった具合。
岩場の深いところでは大きい魚もおり、大体が茶系の目立たない色合いのものが多いが、時折熱帯魚のような白黒の縦縞のもの、光の当たり具合でに黄色と青に見える横縞のものなぞ泳いでいる。
海栗も沢山いるが深いところでは大きい。踏むと大変な事になるだろう。
イソギンチャクが美しい花を咲かせ、時折虹色に光る小さな美しい海草もある。堤防横の岩場は若布(だと思う)や、其の他の海草が繁茂し、美しい緑の海草野原は行きつ戻りつ何度潜っても飽きない。
さて、湾の外側はと云うとリアス式海岸と云うのだろうか?絶壁がそそり立つ岩場だらけの海岸で、此れも厳かで美しい。
好対照の湾の内と外を見られるのである。
其処まで約4Km、其処から竜神洞までまた約4Km。
折角だから行って見ることにした。
其処から先は、ほぼ手入れされていない獣道。
時折手すりがあったりするが、全部ではない。
手すりのないところは多分此処が道だろう、みたいな勘だけで辿るよりない。足元は繁茂した草で見えず、時々ずるっと滑ってひやりとさせられる。
此れまた延々降りていくと、竜神洞のある岩場へ。
竜神洞手前に朽ちかけた看板に由来なぞ書いてあったが、いざ辿り着くと案内板のようなものなぞない。
あてずっぽうで歩いて、竜神洞を発見。
切り立った崖に洞窟が大きく口を開き、上の草叢には来る道々でも見かけた野性の朱赤の百合が沢山咲いている。
岩肌を水が伝い、洞窟の入り口に雨のように降り注いでいる。
洞窟は深く満々と水を湛え、案内板によれば船で中に深く入ると、絶壁があり其処を上るとさらに洞窟は深く続いているのだとか。
殊に暑い日で晴れ渡った青い空、深く青い海。
なんとも美しい光景だった。
青い水を透かして大きい岩が幾つか見えるのだが、其のひとつが巨大な蛇の頭に見える。光の加減か、見る位置が偶々そうだったのか、鼻先を水面に向け、今にも水を割って出て来そうに見える。水の青を透かして黄色味を帯びた岩の頭に眼だけは小さく白く丸いのである。
まさに竜神様といった具合で、思わず手を合わせる。
こうした自然への畏敬の念が土着の信仰となるのだろうし、このような思いは忘れてはならないものだと思う。
何故なら自然は人間など愛してはいないのだから。
こうしたものの前で、犬も猫も人間もありとあらゆる生き物の、其の価値は等しいと思う。愛されてはいないが赦されて此処に生きているのだとじんわりと感じた次第。

さて、惜しい事に写真はない。
展望台までは、カメラもって来れば良かったね、だったが、竜神洞までの行き帰り、両手を使わねばならぬ難所も多く、荷物なぞもっての外。
カメラ持って来なくて良かった、に変わったのである。

往復約1.6Km、よく歩いたものだ。
帰るや否や渇いた喉にアクエ○アスを流し込み、汗だくの体をシャワーで流し、倒れこんだ。


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
スポンサーサイト

猫屋敷・写真付

  1. 2006/08/08(火) 08:35:00..
  2. .. トラックバック:0
  3. .. コメント:0
blog_import_4f672ad21d949.jpg

blog_import_4f672ad0ee6d1.jpg

blog_import_4f672acfab14f.jpg

左がココア、ちっさいのがショコラ。
ついでに暑い此の時期のみるくの寝相。


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

猫屋敷

  1. 2006/08/07(月) 01:18:00..
  2. .. トラックバック:0
  3. .. コメント:0
ぢつは猫が増えた。
なんと3匹になってしまった。
此れは言い逃れ出来ない。
正しく猫屋敷となってしまったのである。

事の起こりは7月半ば。
近所のTさん宅の裏庭で、野良猫が仔猫を生んだらしい。
ミュウミュウ五月蝿いらしくて、Tさんが猫好きのOさんに相談したそうだ。
保健所に連絡しそうな(?)勢いで、猫好きOさんは可哀想になって、仔猫3匹と親猫を捕獲、親猫に避妊手術をしてあげ、仔猫の貰い手を捜す事に。
でもって、猫好きのウチに声がかかった次第である。
え~~、猫同士の相性もあるしもう2匹もいるし…なんつって、相性が良ければ、ウ~~~ン…。
てな経緯で仔猫がやって来た。
仔猫は真っ黒の女の子と白黒斑の女の子、灰色の3匹。
威嚇しないのが白黒の斑、黒と灰色は破裂音のような威嚇をしまくる。
ウチは女の子2匹なので男の子を預かってみた。
灰色のように見えるが、実は黒の多い縞々の仔猫は預かった其の日はパッ!パッ!!と威嚇し、(何せ其の日初めて母猫と引き離されたのだからいたし方あるまい)小暗い陰、とんでもない隙間に潜り込んでいた。
みるくは威嚇こそしないがクンクンと匂いを嗅いで遠巻きに。
ココアは興味深げにしている。
翌日パッがシャーにトーンダウン。其のうちシャ-はウ~~に変わり、3日目には全く威嚇はしなくなった。
ココアは興味しんしんで、自分の半分もない大きさの仔猫に飛び掛っていく。鼠と間違えている訳ではなさそうなのは、爪を出していない事でわかる。本気モードなら悲鳴が上がる筈だ。
何故かココアとちびっちょは馬が合う(?)らしく始終一緒にいて、よく遊ぶ。眠る時の距離も近い。
みるくが仲間はずれ気味で、返そうかどうしようかと迷う。
だがしかし、ちびっちょとココアは仲が良い。
兄弟ではなくとも親戚かもと思うほど仲が良い。
何よりびっちょは可愛い。
仔猫独特の3頭身のプロポーションで走るのも可愛い。
食べる時にうにゃうにゃ声を出すのも可愛い。
抱っこするとごろごろ云って人の胸に落ち着くのも可愛い。
みるくがイジケないように、ゴハンは必ずみるくから。
声をかけ、撫で(といっても性格なのか、抱っこは嫌いで愛想の良い方と云えないみるくは、気のむかない時は迷惑げ)なにかと気を使う。
尻尾にじゃれ付かれたりすると、パンチを食らわすが、フーもウーもなく距離を保つみるく。
仲良しのココア。
預かって1週間。
びっちょ、びっちょと呼び慣れ、抱かれ慣れ、気に入りの寝場所も出来、ココアと日々遊び、預かった当初より目も大きく開き、とうとう情が移り、我が家の一員となった次第。
びっちょはちびっちょの略で、雄でもあり、いずれみるくよりも大きくなる可能性もある。
で、命名。
武蔵、チャップリンでプリン、ショコラと候補が上がり、家族会議でショコラと命名。
我が家の3匹目の猫となった。
みるく、ココア、ショコラとなった次第。

白黒斑と黒はまだ飼い主募集中。
誰か希望者がいたら連絡請う。


宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY