緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


胡粉塗りの話

  1. 2017/10/01(日) 13:41:10..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
胡粉を塗っては磨く永久ループに突入。
生地に胡粉が乗ると、途端に不必要な凹凸が目につく様になる。
此れは不思議だ。
胡粉作業を円滑に進める為にも綺麗に磨いたつもりで、其れでも必ず不要な凹凸が目につく。
此れを解消するまで塗っては磨くを繰り返すのだ。
実は真っ白な胡粉で目立つ様に思えた凹凸も肌色が乗り、彩度が落ちた時点で目立たなくなる事は分かっている。
だが、胡粉仕上げにおいては完璧を目指したい。
ゴールは自分がO.K. 出せる迄。いつゴール出来るか皆目見当がつかない。
何度も塗って磨いている内、形状によっては生地が出る。
生地は水溶性の石塑だから、水ペーパーで鑢をかけていると生地が溶ける、へこむ。
胡粉木屎で盛る、塗る、鑢る、其の繰り返し。
そんな訳で塗りの回数はやたらと多くなる。

胡粉木屎は野口晴朗氏の伝統技法の書籍によれば、胡粉木屎又は木糞、此れは極弱い膠で練った胡粉(昔は水練りだったらしい)で形を整える為に盛り上げるものだが、此れは膠胡粉の話である。
膠と云うのは難しくて、日本画で習った記憶によれば、下の膠は強く、上に置く膠は徐々に弱くして行かなければならない。
下より強い膠を上に置くと罅割れる。
人形の伝統技法の膠の使い方でもやはり地塗り、二へん塗り、中塗り、上塗りと徐々に膠を薄くして行く。
置き上げ胡粉は膠を強く(地塗りより強くてはいけない)、胡粉木屎は膠を弱くするそうである。
此れ等は罅、気泡を防ぐ為に、又、上に乗せる胡粉の乗りを良くし、剥落を防ぎ、堅牢な塗装にする為の技法である。

ところで今私が使っているのはボンド胡粉である。
ボンド胡粉は耐久性に優れている。耐水性もある。
膠胡粉と風合いは違うが、気候も変わり、家の気密性も変わった現代ではひょっとするとボンド胡粉の方が現代の環境に合っているかもしれないと野口氏も記している。
野口氏は作品が海外を回って帰って来た時のダメージからも考えて、考案し、試してもみたようである。
伝統技法の書籍だから、膠胡粉の作り方は何頁にも渡って懇切丁寧に解説しているが、ボンド胡粉に関しての記載は淡白りしている。
木屎に関しては記載がない。
ただ、鑢は耐水ペーパーを勧めている。(膠胡粉の場合は地塗り、二へん塗りはサンドペーパー、中塗り以降は水拭き)
最初、膠胡粉の木屎の様に水練りした胡粉を盛ったが此れは失敗だった。
水練りの胡粉は糊の成分が入っていないから、水ペーパーで耐水性の高いボンド胡粉の層が無くなると石塑同様溶け去る。
木屎の盛り上げが形状として完璧ならば問題ないかもしれないが、そうでなければほぼ無駄骨に終わる。
其処で地塗りと同じボンド胡粉で、水で伸ばす前の濃度の濃いものを盛り上げる様にしてみた。
此れなら水ペーパーにも耐え得る。
必要ならば置き上げとしても使える。
吉田式として書籍にもあるボンド胡粉の作り方は、書籍が出るよりずっと以前に当時ピグマリオンの講師をしていた渡邊素子女史に教わって試した。
胡粉そのものは地塗り胡粉を使うが、やり方は上塗り胡粉の作り方に近い。
野口式の方は地塗り胡粉と上塗り胡粉を調合する。
作り方は地塗り胡粉とも上塗り胡粉とも違うが、どちらかと云えば地塗り胡粉の作り方の方に近い。
上塗り胡粉の作り方程大変ではない。
(因みに地塗り、中塗り、上塗りと称しているのは我流である。上塗りと称するものは胡粉の調合を変えている。地塗りを胡粉で油彩、アクリル等で彩色したものを除いて最初の胡粉仕上げから17年経過しているが、罅、剥落、関節の固着などの問題はない)
最近では胡粉塗料なるものも販売されているらしく、未だ試してはいないが、練らなくてよいとなれば随分と簡易な事であろう。
胡粉に関して書くのは初めてだが、丁寧に仕事をすれば良いと云うものでもない、と今時のシーンを見て思う。自分にセンスがあるや否やと云う問いは結局他人の評価に任せるしかなく、自分の拘りを貫く以外に何の手もない。
   
曼珠沙華の塗りだが、形状が完璧と思われた処で地塗りは終了、此れから中塗りに入る、そんな処へオーダー制作が入った。
有り難い事である。
其の話は又次に譲るとしよう。
ばばあは話が長いからな!←自分(笑)



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
スポンサーサイト

ひと月なんてあっと云う間

  1. 2017/06/24(土) 01:05:22..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


日が経つのは早いもの。
双生児は造形完了、仮組みを終え、仕上げ塗装を待つ状態。
結構無茶したので今回は自立しなくともやむなしと思っていたが、自立出来た。
自分でも驚いた。
赤い曼珠沙華の方は手を造っている最中、画像下にある。
指関節を付けている。
40〜60cm位の人形に指関節を付けた事は一度しかなかったが( No.31「七つの封印」に出品した人形だ )、其の時は関節はあるもののある、と云うだけで殆ど動かせなかった。
今回は以前に造ったものより少しでも動く事を目指してみた。
まあ、以前のに比べれば動くとは思う。
だが5〜6mm球に通常の関節を仕掛ける事は出来なかったので、なんちゃって関節ではやっぱり大して動かせるとも云えない。
なにせ不器用で。
器用な人なら難なく出来る事なのかもしれない。

04170012-2s.jpg

こちらの画像は指関節フルバージョン。勿論実寸大近い大きさ。
此の位の大きさなら不器用な私でも出来るんだよ〜〜〜ん。


さて、上の画像で片足爪先立ちをしているのは、仮組中の53cm位の子。
こちらは意外な程バランスとりやすかった。
曼珠沙華の手が出来次第、仕上げ塗装に邁進予定。

体調崩したから無理しないつもりだけど、少しずつでも進めて行く。
がむばる。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

赤い曼珠沙華と双生児

  1. 2017/05/22(月) 21:31:45..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


赤い曼珠沙華と双生児は進行中。
双生児は膝関節を一寸工夫している最中。
曼珠沙華は腕関節に手を入れてる所。
此の大きさでは殆どやらない指関節に挑戦しようと思っている。
まあ、指に全関節は入れないつもりだけれど。
以前此の位の大きさで指関節を入れた時は動きがあまり良くなかったけれど、今度はもう少し動く様に出来ると良いなあ。

赤い曼珠沙華には以前手に入れた紅い縮緬の着物を着せるつもり。
双生児の方は衣装が問題。
難しすぎるので今回は自分では無理そうな気がする。
S先生にお願いしようかなあ。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

靴型

  1. 2017/03/27(月) 13:28:15..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
IMG_20170313_104628s.jpg

靴型が出来上がり、スリッポン的靴に着手。
革に布張りをして、リボン飾りを付け、出来上がり。
中敷にも同布を貼った。

IMG_20170315_001112s.jpg

結構可愛く出来たかな?
もう少しつま先を尖らせちゃおう!と靴型に又手を入れた処。

双生児と曼珠沙華と名付けた三ツ折も少しずつ進めている。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

あっという間に日々は経ち

  1. 2017/02/04(土) 16:34:22..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
あっという間に日々は経ち、広告どーーーん掲載!!
ちくちく吊りスカートが出来上がり、其の後袖なしワンピースを作り始め、昨日、縫い終えた。
袖は付けるつもりだったけど、当ててみたら、なくてもよくね?となった。
身頃のパターンを変えてみた実験的なものだったのだが、まあ悪くない。
次は袖有りにしてみても良いだろう。
撮影はまだやってない。

IMG_20170131_091518s.jpg

ジョイフル本田での展示の話があってから、保留にしていた人形を仕上げた。
此れはツィッターでは報告&画像アップ済みだが、ブログでは改めての掲載。
此の子に拵えてあったカンタンブラウスに吊りスカートを着せ、無事完成。
ボネは、サイズが合ってないので外した。
画像ではブラウスは着ていない。
教室に参考として持って行く為。

いずれワンピの子も撮影して載せようと思う。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>