緋衣汝香優理★水迷宮

人形作家、緋衣汝香優理のお仕事と日常


展示のご案内

  1. 2017/07/23(日) 17:08:39..
  2. 展示
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
コルメキッサ企画展
LE Retour 〜ル・ルトゥールは盛況のうちに終了しました。
沢山の作家様たちとご一緒出来、本当に有り難い事でした。

あらためて展示の告知をします、

2017:07:22 s

「オマージュ渋澤龍彦-悪徳の栄え-そのエロチィシズムと背徳の美学」展

2017年7月29日(土)~8月8日(火)最終日17:00
銀座スパンアートギャラリー

CRW_1437-2s.jpg

翠玉と写真作品3点を出品します。
翠玉はジュリエットの犠牲者をイメージした展示にするつもりです。
最後に雷にうたれ死ぬ妹のジュスチーヌかフォンタンジュか、はたまた暖炉で焼き殺される愛娘マリアンヌか、誰に見えるでしょう。
mark2.png

2017dollsDM5s.jpg

銀座人形館AngelDollsのサロン展「人形写真の現在 2017」
2017年8月18日(金)-23日(水)

少年写真3点出品します。
mark2.png

今週木曜日には搬入です。
翠玉用に段ボールで箱を拵えました。
良い展示にしたいです。
mark2.png

6歳児等身大人形、最初に創ったのは「少女伽藍」(元DEJA-VU)の少女でした。
撮りためた絵物語は「少女伽藍」とタイトルを変え、出版されました。
今思い返しても有り難い事でした。
敬愛するミルキィ・イソベさんの装丁だった事も嬉しかったのです。
次に少年を5体創りました。
ひとつは血腥い物語となって結実し、ひとつは未だ進行形。
そのどちらも2005年の「GOLDEN YEARS」展で発表しました。
此の時発表した「WALL CHILDREN」の撮影は伽井丹彌女史の協力を得て、大胆にも帯広でのロケを行いました。
此れは本当に有り難い事で、彼女の協力あってこそ、「WALL CHILDREN」は完成をみたのです。
次に鳥取の仁風閣で個展開催にあたり、更に少年3体少女1体を創りました。
2008年「硝子の翅をもつ子供たちは永久螺旋の夢を見る」展では、撮影許可を得て、更に夢の欠片を紡ぎ出す事が出来ました。
彼らは私の小さな役者さんたちです。
紡いだ物語の欠片の展示機会を戴いて本当に嬉しいと思います。

スパンアートギャラリーでは、サドの悪徳の栄えと云うテーマから、「WALL CHILDREN」の内、3点を、銀座人形館AngelDollsのサロンでは「GOLDEN YEARS」から3点の写真を展示します。
どうぞ宜しくお願い致します。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2
スポンサーサイト

喘息安静中、色々考え中

  1. 2017/06/26(月) 01:47:59..
  2. 人形教室
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
先週日曜、夜、咳が酷くて風邪引いたなと思ったら、翌日、熱が出て寝込んだ。
水曜、熱も引いて来てもう大丈夫かなと思ったが、咳が兎に角酷い。
木曜、此の苦しさはただ事じゃない、と思って病院に行ったら、喘息と診断された。
吸入と点滴を受け、休んだ。
症状に合った薬(錠剤と吸入剤)のお陰で楽になって来てはいるが(風邪薬が効かなかったのは当然だった)、一応安静第一で、PCの前に座り込んでいた。
そんな訳で、普段放置し放題のブログを連日で更新した。
我ながら珍しい事してる。

さて、Twitterではちょこちょこ書き込んでいるが、先日の教室のお話でも。

shigeko1s.jpg

生徒さんの人形が完成した。
紫が好きと仰る生徒さんで、瞳もヴァイオレットを選んだのだが、アイシャドウとルージュも紫系。
頭身的には性徴期を迎える一寸手前、頭はまだ少し大きく、胸もぺったんこなカンジのキットだったので、仕上がりはわりと大人っぽくなったなという印象。
乾き待ちなぞの合間にサンダルのベースを造って貰っていた。
どんなデザインにするかは生徒さんのお好み次第だが、こうしたい、と云うのがあれば其の様に指導する。
ボネに関しては少し話したが、衣装の方はどんな風にしたいんだろう?
暫くは縫い物系な教室になるのかな?
あまり縫い物は得意ではないが、なんとかなるだろう。

利根川挟んでこっちもあっちも人形ってあまり知られてない気がする。
ネットで情報集める様な意欲的な方は地元とばして東京行っちゃうもんね。
教室のアピールの為に守谷での展示を画策するが、此れも中々苦戦中。
柏もそうだが守谷にギャラリーって殆どない。
それではカルチャーのあるジョイフルの店舗内で、と相談するも、此れも捗々しくない。
ジョイフルは店舗によってギャラリー設備のある所もあるが、残念ながら守谷にはなく、色々中々難しい。

久々の個展を守谷で、と数年来思ってはいるが、実現は心もとない。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

展示色々

  1. 2017/06/25(日) 00:30:13..
  2. 展示
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
4月の都美館、ベラドンナ・アート展は初めての事づくしで告知をしはぐったけれど、この先夏を迎えて色々展示予定が入っています。
mark2.png
コルメキッサ企画展
LE Retour 〜ル・ルトゥール展

at 渋谷ギャラリールデコ6階
東京都渋谷区渋谷3-16-3ルデコビル6階
渋谷駅から徒歩2分

期間 7月11日(火)〜16日(日)
Open 11時〜19時(※最終日17時まで)

CRW_9860s.jpg
EVE-BLACK 出品します。
mark2.png
「オマージュ渋澤龍彦-悪徳の栄え-そのエロチィシズムと背徳の美学(仮)」展

2017年7月29日(土)~8月8日(火)最終日17:00
銀座スパンアートギャラリー

IMG_-4xwr37s.jpg
翠玉と写真作品3点を出品します
mark2.png

銀座人形館AngelDollsのサロン展「人形写真の現在 2017」
2017年8月18日(金)-23日(水)

少年写真3点出品します。
mark2.png

色々参加予定です。
Twitter、FaceBookなどでも随時告知予定のつもりですが、へろへろになるとまた告知し忘れる可能性あります。(泣)
無理しすぎない様、頑張ります!



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

ひと月なんてあっと云う間

  1. 2017/06/24(土) 01:05:22..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


日が経つのは早いもの。
双生児は造形完了、仮組みを終え、仕上げ塗装を待つ状態。
結構無茶したので今回は自立しなくともやむなしと思っていたが、自立出来た。
自分でも驚いた。
赤い曼珠沙華の方は手を造っている最中、画像下にある。
指関節を付けている。
40〜60cm位の人形に指関節を付けた事は一度しかなかったが( No.31「七つの封印」に出品した人形だ )、其の時は関節はあるもののある、と云うだけで殆ど動かせなかった。
今回は以前に造ったものより少しでも動く事を目指してみた。
まあ、以前のに比べれば動くとは思う。
だが5〜6mm球に通常の関節を仕掛ける事は出来なかったので、なんちゃって関節ではやっぱり大して動かせるとも云えない。
なにせ不器用で。
器用な人なら難なく出来る事なのかもしれない。

04170012-2s.jpg

こちらの画像は指関節フルバージョン。勿論実寸大近い大きさ。
此の位の大きさなら不器用な私でも出来るんだよ〜〜〜ん。


さて、上の画像で片足爪先立ちをしているのは、仮組中の53cm位の子。
こちらは意外な程バランスとりやすかった。
曼珠沙華の手が出来次第、仕上げ塗装に邁進予定。

体調崩したから無理しないつもりだけど、少しずつでも進めて行く。
がむばる。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

赤い曼珠沙華と双生児

  1. 2017/05/22(月) 21:31:45..
  2. 人形制作
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


赤い曼珠沙華と双生児は進行中。
双生児は膝関節を一寸工夫している最中。
曼珠沙華は腕関節に手を入れてる所。
此の大きさでは殆どやらない指関節に挑戦しようと思っている。
まあ、指に全関節は入れないつもりだけれど。
以前此の位の大きさで指関節を入れた時は動きがあまり良くなかったけれど、今度はもう少し動く様に出来ると良いなあ。

赤い曼珠沙華には以前手に入れた紅い縮緬の着物を着せるつもり。
双生児の方は衣装が問題。
難しすぎるので今回は自分では無理そうな気がする。
S先生にお願いしようかなあ。



宜しかったら拍手&ブログランキングにポチっと応援お願いします♪


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

にほんブログ村 美術ブログへ



web拍手 by FC2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>